ホーム | ブラジル国内ニュース | 2州警察銃撃戦=連警が本格的に捜査に参加=重傷で入院中の企業家死亡

2州警察銃撃戦=連警が本格的に捜査に参加=重傷で入院中の企業家死亡

25日に亡くなった警備会社社長のレアル・ジュニオル容疑者(Polícia Civil/Divulgação)

25日に亡くなった警備会社社長のレアル・ジュニオル容疑者(Polícia Civil/Divulgação)

 【既報関連】サンパウロ州市警の要請で、連邦警察がミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラで19日に起きたサンパウロ州市警とミナス州市警の銃撃戦の捜査に乗り出したと、26日付現地紙が報じた。
 この事件は、サンパウロ州の企業家二人がミナス州の企業家との間で交わした1400万レアルの融資に絡むもので、双方が各州の市警を護衛に雇っていた事が、市警同士の銃撃戦につながった。
 サンパウロ州の企業家は、両替商のフラヴィオ・デ・ソウザ・ギマランエス容疑者と、ブラジル・フランス・スペインで企業を経営しているというウィヴァレ・ジュニオル容疑者だ。また、彼らの護衛を頼まれた警備会社社長で、ミナス州市警のロドリゴ・フランシスコ氏を射殺したが、自らも被弾して重傷だったジェロニモ・シウヴァ・レアル・ジュニオル容疑者は25日昼前、入院先の病院で亡くなった。
 警官同士の銃撃戦は、ミナス州の企業家アントニオ・ヴィレラ容疑者が持参した1400万レアルを受け取ったギマランエス容疑者が、偽札と気づいた時に始まり、フランシスコ市警とレアル・ジュニオル容疑者の死を招いた。ヴィレラ容疑者は、09年と15年にも偽札を使った犯罪で逮捕されている。
 今回の事件は2州の市警も加わった詐欺、死傷事件で、サンパウロ州市警が連警の協力を要請。連警は、ミナス州を中心に展開されている偽札を使った詐欺事件との関連などを中心に、捜査に加わる。
 連警による詐欺事件捜査は昨年11月に始まった。きっかけは、ベロ・オリゾンテ市の企業家と交渉し、金200グラムと2万5千ドルを25万レアルと交換した人物が、受け取った金を銀行口座に入金しようとして偽札と気づいた事件だ。
 連警は、偽札を使った詐欺事件の被害者が同州内やサンパウロ市、レシフェ市などにいる事を確認。一連の詐欺事件は、ジュイス・デ・フォーラ市で交渉の取りまとめられていた可能性が強い。同種の事件の被害者は、ドルを不正な方法で入手し、税務署にも申告していない事が多く、自らが捜査対象となるのを恐れて泣き寝入りする例も多い。
 今回の事件で、ギマランエス容疑者が通常の金融機関以外のルートでの融資を申しいれたとしているのも、不正なドルの流れを探られるのを嫌った供述の可能性がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因2018年12月22日 リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因  リオ市南部のロドリゴ・デ・フレイタス湖で20日の朝、無数の魚が死んで水面に漂うショッキングな光景が報道され、翌21日の朝までに21・8トンもの魚の死体が引き上げられた。  生物学者のマリオ・モスカテッリ氏は、「周辺から浄化処理がされていない水が流れ込み、湖の水の有機 […]
  • リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る2018年12月21日 リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る  リオ市西部で暗躍する犯罪者らの民兵組織(ミリシア)摘発のため、リオ州市警と軍兵士が20日、約100人分の逮捕令状を執行したと同日付現地紙サイトが報じた。  「ヘラクレス」と題する作戦の対象は、ウエリントン・ダ・シウヴァ・ブラガ(通称エコ)が指揮し、リオ市西部からバイ […]
  • 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用2018年12月21日 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用  2017年のブラジルでは、1億2640万人がインターネットを利用していた事が判明した。この人数は、10歳以上の人口の69・8%を占めている。  これは、2016年の1億1610万人(10歳以上の人口の64・7%)と比較して、実数にして1030万人、比率にして5・1% […]
  • 夏の嵐のサンパウロ=日中温められた空気が強いにわか雨引き起こす=市内北西部で男性死亡2018年12月20日 夏の嵐のサンパウロ=日中温められた空気が強いにわか雨引き起こす=市内北西部で男性死亡  サンパウロ市は週明けから、南の海上から湿った空気が入ってきた上に急激に気温が高まり、日中暖められた空気の固まりが夕方以降、にわか雨を引き起こすという状況が続いている。  現地時間19日の未明にサンパウロ市内各所で降ったにわか雨では、同市北西部のペルース地区などで水害 […]
  • 《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで2018年12月20日 《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで  ブラジル北東部のピアウイ州南部、コロネル・ジョゼ・ジアス市で18日、先史時代以降の同地域の発展などについて知る事が出来る、自然博物館がオープンした。  セーラ・ダ・カピヴァラ国立公園内に出来た博物館は、1万年前に同地域に生えていた植物やその当時生息していた大型動物の […]