fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 2州警察銃撃戦=連警が本格的に捜査に参加=重傷で入院中の企業家死亡

2州警察銃撃戦=連警が本格的に捜査に参加=重傷で入院中の企業家死亡

25日に亡くなった警備会社社長のレアル・ジュニオル容疑者(Polícia Civil/Divulgação)

25日に亡くなった警備会社社長のレアル・ジュニオル容疑者(Polícia Civil/Divulgação)

 【既報関連】サンパウロ州市警の要請で、連邦警察がミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラで19日に起きたサンパウロ州市警とミナス州市警の銃撃戦の捜査に乗り出したと、26日付現地紙が報じた。
 この事件は、サンパウロ州の企業家二人がミナス州の企業家との間で交わした1400万レアルの融資に絡むもので、双方が各州の市警を護衛に雇っていた事が、市警同士の銃撃戦につながった。
 サンパウロ州の企業家は、両替商のフラヴィオ・デ・ソウザ・ギマランエス容疑者と、ブラジル・フランス・スペインで企業を経営しているというウィヴァレ・ジュニオル容疑者だ。また、彼らの護衛を頼まれた警備会社社長で、ミナス州市警のロドリゴ・フランシスコ氏を射殺したが、自らも被弾して重傷だったジェロニモ・シウヴァ・レアル・ジュニオル容疑者は25日昼前、入院先の病院で亡くなった。
 警官同士の銃撃戦は、ミナス州の企業家アントニオ・ヴィレラ容疑者が持参した1400万レアルを受け取ったギマランエス容疑者が、偽札と気づいた時に始まり、フランシスコ市警とレアル・ジュニオル容疑者の死を招いた。ヴィレラ容疑者は、09年と15年にも偽札を使った犯罪で逮捕されている。
 今回の事件は2州の市警も加わった詐欺、死傷事件で、サンパウロ州市警が連警の協力を要請。連警は、ミナス州を中心に展開されている偽札を使った詐欺事件との関連などを中心に、捜査に加わる。
 連警による詐欺事件捜査は昨年11月に始まった。きっかけは、ベロ・オリゾンテ市の企業家と交渉し、金200グラムと2万5千ドルを25万レアルと交換した人物が、受け取った金を銀行口座に入金しようとして偽札と気づいた事件だ。
 連警は、偽札を使った詐欺事件の被害者が同州内やサンパウロ市、レシフェ市などにいる事を確認。一連の詐欺事件は、ジュイス・デ・フォーラ市で交渉の取りまとめられていた可能性が強い。同種の事件の被害者は、ドルを不正な方法で入手し、税務署にも申告していない事が多く、自らが捜査対象となるのを恐れて泣き寝入りする例も多い。
 今回の事件で、ギマランエス容疑者が通常の金融機関以外のルートでの融資を申しいれたとしているのも、不正なドルの流れを探られるのを嫌った供述の可能性がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(下)=勝ち組「東京村」はどこ?2020年9月5日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(下)=勝ち組「東京村」はどこ? 今も続く邦字紙、日本人墓地、相撲  『グリンゴ』第3巻に出てくる勝ち組「東京村」の神社の鳥居のコマと、実在する似た景色としては、生長の家ブラジル伝道本部のイビウナ聖地の鳥居がある。  ブラジルの田舎の町に忽然と立派な鳥居と神社現れる様子は、漫画の描写に似ている。同教 […]
  • 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止2020年8月27日 《サンパウロ市》セントロ再開発後の運営問題浮上=市は開札日に入札中止  サンパウロ市市役所は26日、セントロ地区にあるヴァレ・ド・アニャンガバウー再開発事業に関わる入札を中止すると発表した。  26日付現地紙サイトによると、入札中止の発表は、再開発後の運営を10年間担当する企業が発表されるはずの26日付官報に掲載された。  アニャンガ […]