ホーム | ブラジル国内ニュース | U2もボウソナロ批判=世界のロック界に拡大するブラジル極右大統領批判

U2もボウソナロ批判=世界のロック界に拡大するブラジル極右大統領批判

 28日、アイルランドの世界的なロックバンド、U2が、北アイルランドのベルファストで行われたコンサートで、この日、ブラジルで大統領に当選したばかりのジャイール・ボウソナロ氏を批判した。
 U2はこの日のコンサートで、20数年前のショウでおなじみだった悪魔のキャラクター、「マクフィスト」を復活させた。このキャラクターを使って、ヴォーカルのボノが、世界に現存する独裁主義的な政治家を批判する、というものだ。
 今回、ボノは、米国のトランプ大統領やフィリピンのドゥテルテ大統領の話をした後に、ボウソナロ氏について以下のように触れた。
 「今日、ブラジルで、2億人のブラジル人がカーニバルのパレードが軍事行進に変わるのを見たんだ。それはミスター・ボサノバこと、ボウソナロという男のためのものだ。ボウソナロだ。覚えておいてくれよ」とファンに訴えた。
 ブラジル国内でも、イギリスの大物バンド、元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズが、ブラジルでの大統領選の一次投票終了から2日後となる10月9日から大規模なブラジル・ツアーを行い、行く先々でボウソナロ氏批判のパフォーマンスを繰り返しては、ブラジルの文化相から苦情を受ける事態が起きている。大統領選決選投票前夜の27日も、「投票直前の微妙な時期なので控えてくれ」と依頼されたにも関わらず、パラナ州クリチーバの公演で、「ファシズムに反抗する最後のチャンスだ」というメッセージを大型モニターから流す演出を行っている。(27日付DCMサイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ボタフォゴ本田》デビューは15日バングー戦?=風邪から回復し練習合流=コロナ感染はチーム幹部が否定2020年3月12日 《ボタフォゴ本田》デビューは15日バングー戦?=風邪から回復し練習合流=コロナ感染はチーム幹部が否定  ボタフォゴの本田がようやくブラジルデビューを迎えそうだ。風邪による体調不良で、10日のブラジル杯パラナ・クルーベ戦を欠場した本田が、11日の練習に参加した。10日の試合を1対0で勝利したボタフォゴの次戦は、15日の午後4時キックオフ、リオ州選手権第2ステージのグループ・リーグ […]
  • サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中2020年3月12日 サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中  サンパウロ大都市圏のフェラス・デ・ヴァスコンセロス市で9日夜、同市のスポーツ局長が自宅前で銃撃され、殺害された。11日付現地紙が報じている。  亡くなったのはフランシスコ・ペレイラ・デ・ブリット氏。同氏は9日、同市ジャルジン・サンジョヴァンニ地区にある自宅に帰宅したところ、 […]
  • リオ市=マリエレ氏殺害犯陪審裁に=今月中にも裁判実施か?2020年3月12日 リオ市=マリエレ氏殺害犯陪審裁に=今月中にも裁判実施か?  18年3月14日夜、リオ市で起きた、マリエレ・フランコ市議と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件の実行犯2人が陪審裁判にかけられる事になったと10日付現地紙・サイトが報じた。  リオ州地裁のグスターヴォ・ゴメス・カリル判事が10日に明らかにしたもので、陪審裁の日取りは未定 […]
  • ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆2020年3月11日 ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆  パラグアイで偽造パスポートなどを使い、6日に実兄と共に逮捕されたサッカーの元名選手ロナウジーニョに関し、セルジオ・モロ法相がパラグアイの内務相と連絡を取り、釈放の可能性などについて尋ねたことが明らかにされた。  ブラジルでも9日に、モロ法相が「ロナウジーニョの事件の詳細や両 […]
  • 《コロナウイルス》フェイクニュースにご用心=不安な心理でネット拡散2020年3月11日 《コロナウイルス》フェイクニュースにご用心=不安な心理でネット拡散  新型コロナウイルスが世界中に拡散し、各国政府や保健当局が対応に追われている中、不安に駆られた市民の間で、コロナウイルスに関する嘘の情報“フェイクニュース”が拡散されている。  ブラジルメディアは、「Sarsが騒がれた2003年は、今日世界に普及しているSNSは何も存在しなか […]