ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 28日の大統領選決選投票で当選が決まったジャイール・ボウソナロ氏に関して、ブラジル国内での受け止められ方と国外でのそれに、かなり大きな差があると言わざるを得ない。国外の報道で目立つのは、「ファー・ライト(極右)の政権がブラジルに誕生した」と、民主主義が危機にさらされる脅威を伝えたものだ。これはブラジル国内での、特に同氏支持者の「旧政権を打倒し、正義が勝った」とのトーンとは大分趣が異なる。もっとも、メンサロン事件を裁いたジョアキン・バルボーザ元最高裁判事も、ラヴァ・ジャット作戦を管轄したロドリゴ・ジャノー氏も、投票前日に支持したのはハダジ氏ではあったのだが。
     ◎
 ボウソナロ氏の当選に対して、世界各国から祝辞が届いている。その中ではアルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領や米国のドナルド・トランプ大統領など、ポピュリズムのイメージの強い人が多いが、そこに意外やベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領の名前が。ボウソナロ氏は左翼の悪例として頻繁にベネズエラの名を出して批判していたが、マドゥーロ氏は両国の良好な関係構築をと呼びかけている。どこかに何か、共感するものを感じたか。
     ◎
 今回の選挙では、7日の一次投票前から常に、電子投票機の信頼性がボウソナロ氏や支持者たちから疑われていた。高等選挙裁判所のローザ・ウェベル長官はそのたびに、「電子投票機は過去に問題はなく、正確だ」と、その公正さを強調する対応に追われていた。今回、ボウソナロ氏が勝利したことによって、その正確さは無事に証明されたか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月27日 東西南北  「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発 […]
  • 東西南北2018年12月20日 東西南北  昨日に続き、次期サンパウロ州選出下議アレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)と社会主義自由党(PSOL)との対決の話を。18日は地域選挙裁判所が各州で当選議員らの認証式を行ったが、PSOLのモニカ・セイシャス次期下議が壇上に上がって書類を受け取ろうとした際、党協力者 […]
  • 東西南北2018年12月21日 東西南北  本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。1 […]