ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 28日の大統領選決選投票で当選が決まったジャイール・ボウソナロ氏に関して、ブラジル国内での受け止められ方と国外でのそれに、かなり大きな差があると言わざるを得ない。国外の報道で目立つのは、「ファー・ライト(極右)の政権がブラジルに誕生した」と、民主主義が危機にさらされる脅威を伝えたものだ。これはブラジル国内での、特に同氏支持者の「旧政権を打倒し、正義が勝った」とのトーンとは大分趣が異なる。もっとも、メンサロン事件を裁いたジョアキン・バルボーザ元最高裁判事も、ラヴァ・ジャット作戦を管轄したロドリゴ・ジャノー氏も、投票前日に支持したのはハダジ氏ではあったのだが。
     ◎
 ボウソナロ氏の当選に対して、世界各国から祝辞が届いている。その中ではアルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領や米国のドナルド・トランプ大統領など、ポピュリズムのイメージの強い人が多いが、そこに意外やベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領の名前が。ボウソナロ氏は左翼の悪例として頻繁にベネズエラの名を出して批判していたが、マドゥーロ氏は両国の良好な関係構築をと呼びかけている。どこかに何か、共感するものを感じたか。
     ◎
 今回の選挙では、7日の一次投票前から常に、電子投票機の信頼性がボウソナロ氏や支持者たちから疑われていた。高等選挙裁判所のローザ・ウェベル長官はそのたびに、「電子投票機は過去に問題はなく、正確だ」と、その公正さを強調する対応に追われていた。今回、ボウソナロ氏が勝利したことによって、その正確さは無事に証明されたか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月24日 東西南北  英国北部マンチェスターで、現地時間22日夜、アメリカ人女性歌手アリアナ・グランデのコンサート終了時に自爆テロが発生し、22人が死亡した。アリアナ・グランデは事件直後に今後の欧州公演ツアー延期を発表したが、6月29日のリオ公演と7月1日の聖市公演は延期の予定はないと、主催者側は […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 東西南北2019年5月3日 東西南北  日本では新元号「令和」がはじまった5月1日は、労働者が毎年、権利要求などを行う「メーデー」でもあり、今年も各地で労働組合による集会が行われた。サンパウロ市のものはセントロのアニャンガバウーで行われ、約20万人ほどが集まった。集会の焦点は、予想された通り、ボウソナロ政権が行おう […]