ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル女子サッカー》=直近国際試合で7連敗=6月の女子W杯は望み薄?

《ブラジル女子サッカー》=直近国際試合で7連敗=6月の女子W杯は望み薄?

苦戦の続くブラジル女子代表(Gregorio Fernandes / CBF)

苦戦の続くブラジル女子代表(Gregorio Fernandes / CBF)

 世界最高選手賞に6度も輝いたマルタを擁するサッカーのブラジル女子代表が、直近の国際試合では7連敗と苦しんでいる。

 2月末から今月初旬まで、アメリカで行われたシー・ビリーブス・カップで、イングランド、日本、アメリカに3連敗を喫し、ブラジル女子代表の昨年8月からの国際試合の連敗記録は7に伸びたと、9日付ブラジル国内紙が報じた。

 今年6月にはフランスで女子W杯、来年には東京五輪を控える女子代表監督の“ヴェダン”こと、オズワルド・アルヴァレス氏は、女子W杯でのブラジルは優勝候補ではないと認めている。

 「昔は女子W杯で優勝できる力のある国はせいぜい四つか五つ。でも今は日本、カナダ、ノルウェー、オーストラリア、フランス、イングランド、ドイツ…10カ国以上はある。ブラジルが胡坐をかいている内に世界各国はどんどん追い抜いて行った」と語る。

 ヴェダンが監督に就任したのは2017年の11月。通算成績は12勝1分8敗で、12勝のうち9勝は、世界的にみてレベルが高いとはいえない南米諸国相手にあげたものだ。

 ヴェダンは、若い世代の選手が育っていない現状を嘆き、「41歳のフォルミーガや、決して体調が万全ではないマルタに、シー・ビリーブス・カップの3試合も頼らざるを得なかった」と語る。

 ブラジル女子代表は2007年W杯で準優勝、2008年北京五輪でも銀メダルに輝いたが、6月にフランスで開催される女子W杯での優勝は難しいと、代表チームの統括スタッフも考えている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合2019年11月29日 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合  23日に行なわれたサッカーのリベルタドーレス杯決勝、フラメンゴ対リーヴェル・プレイト戦にはブラジル中が熱狂した。あの試合からまだ1週間も経っていないが「2010年代のブラジルで最高の試合」。そう呼んでも過言ではない気がする▼少なくとも、コラム子の経験に照らし合わせてみ […]
  • 東西南北2019年2月26日 東西南北  23日からサンパウロ市でカーニバルのブロッコによるパレードがはじまり、いよいよカーニバルの季節到来となってきている。開催場所は各地でまちまちだが、23日の南部イビラプエラで行われたものにはベテラン歌手のアルセウ・ヴァレンサ、24日に北部アニェンビで行われたものには、ここ最近の […]
  • 《ブラジル代表》ロシアW杯後初の召集=身長2メートルの19歳GKウーゴを抜擢 2018年8月18日 《ブラジル代表》ロシアW杯後初の召集=身長2メートルの19歳GKウーゴを抜擢   ロシアW杯後初となる、サッカー・ブラジル代表(セレソン)のメンバーの発表が17日に行われ、サプライズ続出となった。  召集された24人の顔ぶれは以下のとおり。  〈キーパー〉アリソン(リバプール)、ネット(ヴァレンシア)、ウーゴ(フラメンゴ)、〈センターバック〉マ […]
  • セレソン=最後の親善試合に25人召集=W杯の切符は誰の手に?2018年3月13日 セレソン=最後の親善試合に25人召集=W杯の切符は誰の手に?  12日、サッカーのブラジル代表(セレソン)のチッチ監督が、3月下旬にロシアとドイツを相手に行われる親善試合のメンバーを発表した。W杯前最後の調整となる試合では、一部、意外なメンバーを発表し、話題を呼んだ。 […]
  • サッカーの移籍市場が終了2017年9月2日 サッカーの移籍市場が終了  欧州サッカー界の夏の移籍市場は8月31日に締切となったが、この締切日に起こった、ブラジルの有力選手の状況を見てみよう。  既にネイマールがバルサからPSGに、パウリーニョが中国の恒州広大からバルサに移籍したことは世界的にも話題となっていた。その他も、フィリペ・コウチ […]