ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル女子サッカー》=直近国際試合で7連敗=6月の女子W杯は望み薄?

《ブラジル女子サッカー》=直近国際試合で7連敗=6月の女子W杯は望み薄?

苦戦の続くブラジル女子代表(Gregorio Fernandes / CBF)

苦戦の続くブラジル女子代表(Gregorio Fernandes / CBF)

 世界最高選手賞に6度も輝いたマルタを擁するサッカーのブラジル女子代表が、直近の国際試合では7連敗と苦しんでいる。

 2月末から今月初旬まで、アメリカで行われたシー・ビリーブス・カップで、イングランド、日本、アメリカに3連敗を喫し、ブラジル女子代表の昨年8月からの国際試合の連敗記録は7に伸びたと、9日付ブラジル国内紙が報じた。

 今年6月にはフランスで女子W杯、来年には東京五輪を控える女子代表監督の“ヴェダン”こと、オズワルド・アルヴァレス氏は、女子W杯でのブラジルは優勝候補ではないと認めている。

 「昔は女子W杯で優勝できる力のある国はせいぜい四つか五つ。でも今は日本、カナダ、ノルウェー、オーストラリア、フランス、イングランド、ドイツ…10カ国以上はある。ブラジルが胡坐をかいている内に世界各国はどんどん追い抜いて行った」と語る。

 ヴェダンが監督に就任したのは2017年の11月。通算成績は12勝1分8敗で、12勝のうち9勝は、世界的にみてレベルが高いとはいえない南米諸国相手にあげたものだ。

 ヴェダンは、若い世代の選手が育っていない現状を嘆き、「41歳のフォルミーガや、決して体調が万全ではないマルタに、シー・ビリーブス・カップの3試合も頼らざるを得なかった」と語る。

 ブラジル女子代表は2007年W杯で準優勝、2008年北京五輪でも銀メダルに輝いたが、6月にフランスで開催される女子W杯での優勝は難しいと、代表チームの統括スタッフも考えている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「セレソンの扉開いている」=ジュリオ・セーザルにチャンス2015年11月5日 「セレソンの扉開いている」=ジュリオ・セーザルにチャンス  10、14年のサッカーW杯でレギュラー・キーパーをつとめたジュリオ・セーザル(36)にセレソン復帰の希望が残っていると報じられはじめている。 ジュリオ・セーザルと言えば、14年のW杯でドイツに1―7で大敗したときのキーパーとして知られている。このときは、既に35歳を迎えた前大 […]
  • マラカナン競技場(Alexandre Macieira/Riotur)2015年6月30日 リオ五輪まで残り404日=高まるは期待か、懸念か=東京へ届けスポーツの絆  来年8月5日のリオ五輪開幕まであと404日。今から119年前、ギリシャのアテネで近代オリンピックが始まって以来31回目、南米大陸初開催となる今回のリオ五輪はどのような大会になるのだろうか? チケット1次抽選も終わり、当選の喜びの声、惜しくも落選し2次抽選に賭ける声が聞こえ […]
  • 《リオ市》3日夜からカーニバルのパレード=今年も政治色強い内容に=注目のエスコーラは?2019年3月2日 《リオ市》3日夜からカーニバルのパレード=今年も政治色強い内容に=注目のエスコーラは?  3日夜から5日朝にかけて、リオ市サプカイのサンボードロモで、毎年恒例のカーニバルのスペシャル・グループによるデスフィーレ(パレード)が行われる。以下、今年のハイライトを紹介する。  昨年、3年ぶりに1位を奪還した強豪エスコーラ、ベイジャ・フロールは、「まだ見てない者 […]
  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]