ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル新政権はチリ寄り?=アルゼンチンに広がる懸念の声

ブラジル新政権はチリ寄り?=アルゼンチンに広がる懸念の声

 ブラジルのボウソナロ新政権が、チリへの接近姿勢を示している事にアルゼンチンが懸念を持っていると、30日付ブラジル紙が報じた。
 これは、新財相就任が確実なパウロ・ゲデス氏が28日の決選投票後に「南米南部共同市場(メルコスール)は最優先ではない」と語った事や、新官房長官就任が濃厚なオニキス・ロレンゾ下議が29日に発した「新政権最初の訪問先はチリ」の言葉からうかがえる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • 《ブラジル》若者や高齢者雇えば減税=政府が検討中の雇用促進策2019年10月31日 《ブラジル》若者や高齢者雇えば減税=政府が検討中の雇用促進策  景気回復が遅れ、失業率の改善も進まない中、連邦政府が雇用促進策の一つとして、若者や高齢者を雇った企業に対する減税を検討していると29日付現地紙サイトが報じた。  若者や高齢者への雇用促進策は、社会保障制度改革案承認後の経済政策の一つで、具体的な法案は経済省が近日中に議会に提 […]
  • 《ブラジル》19年の外貨流出額は447億ドル=為替もレアル安、ドル高に動く2020年1月10日 《ブラジル》19年の外貨流出額は447億ドル=為替もレアル安、ドル高に動く  2019年、ブラジルからのドルの純流出総額は447億7千万ドルを超えた、とブラジル中銀が8日に発表した。  これは、1982年の統計開始以来、単年度としては最大の外貨流出額だ。  これまでの外貨純流出は、1999年に記録された161億8千万ドルが最高だった。ブラジルはその […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 《ブラジル》豚肉輸出が大幅な伸び=中国でのアフリカ豚コレラの影響大きく2019年6月11日 《ブラジル》豚肉輸出が大幅な伸び=中国でのアフリカ豚コレラの影響大きく  ブラジル動物性タンパク協会(ABPA)は10日、今年5月のブラジルからの豚肉輸出は6万7200トンで、4万7700トンだった昨年5月比で40・8%増えたと発表した。輸出量には、生肉から加工商品までが含まれている。  また、5月の豚肉輸出額は1億4380万ドルで、9300万ド […]