ホーム | 日系社会ニュース | 南大河州=イジュイ多文化民族祭に初参加=昨年創立の新日系団体「さくら」=来年、日本風会館を建設へ

南大河州=イジュイ多文化民族祭に初参加=昨年創立の新日系団体「さくら」=来年、日本風会館を建設へ

新会館の完成予想図とイメージ図の前に立つ、日本人会「さくら」や日本舞踊グループの皆さん

新会館の完成予想図とイメージ図の前に立つ、日本人会「さくら」や日本舞踊グループの皆さん

 南日伯援護協会の渡邊優紀(わたなべ ゆうき)さんからの通信によれば、南大河州イジュイ市で10月21日までの11日間、『エキスポ・イジュイ2018(多文化民族祭)(Expoijui Fenadi)』が開催され、近隣地域の日系14家族が集まって2017年に出来たばかりの文化協会「さくら」が今年、初参加した。

舞台で披露されたイタリア系子孫の踊り

舞台で披露されたイタリア系子孫の踊り

 州北部の山間部に位置するイジュイ市は人口約8万人だが、世界中からの移民が暮らす民族文化豊かな町だ。ちなみにイジュイ民族連合(UETI)にはアフリカ、ドイツ、アラブ、オーストリア、スペイン、ガウーショ、オランダ、イタリア、ラトビア、ポーランド、ポルトガル、スウェーデンの移民集団が加盟し、さらに今年から日本が加わって13民族となった。
 年に一度開催されるエキスポ・イジュイは、それらの民族の文化が一挙に集まるイベント。会場内の広場には参加する全ての民族を象徴する旗が掲げられ、毎日メインステージで民族音楽や踊りが催された。
 会場には各民族の象徴的な建築様式の家が建ち並び、中は民族料理とショーが楽しめるレストランとなった。国際見本市との同時開催のため、牛や馬などの畜産や、小規模農家のオーガニック食品、近年、市内で生産が増えている衣類などの見本市もあり、会場は大いに賑わった。
 イジュイの日系移住者は14家族と少ないが、2017年に日本人会「さくら」を立ち上げ、日本文化を紹介する動きが活発化している。来年には日本式家屋風の文化センターも建設される予定で、13日に式典が行われた。さらに同日夜、エキスポ・イジュイに初出演となる、ポルトアレグレの日本舞踊グループ「新星」が約1時間の発表で観客を盛り上げた。イジュイ市における日本文化の盛り上がりにさらに期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》小野ジャミルさんを日本移民110周年実行委員長に推薦2017年1月31日 《ブラジル》小野ジャミルさんを日本移民110周年実行委員長に推薦  来年に控えた日本移民110周年実行委員長の選考が難航しているとの噂を聞く。飯星ワルテル連邦下議には半年前と同様、就任への招待が再度行われたが断られたとか。来年が選挙の年であることから、より国政に関わることに専念したいとの思いが強いのではないかと想像される。110周年を機に […]
  • 大耳小耳2015年12月22日 大耳小耳  ブラジル日系文学の中田みちよ編集長と古川恵子さんは、ジョルジ・オクバロ氏の書いた『O Sudito: Banzai […]
  • 2010年10月16日 日本語教育リレーエッセイ=第1回=遺産=元ドウラードスモデル校=平田清美 ニッケイ新聞 2010年10月16日付け  「JICA派遣生徒本邦研修がなくなるかもしれない」との噂を聞いた時、寂しさと共に自分の無力さを実感しました。もちろん、現段階ではあくまで噂であり、そうなって欲しくないという意味で、私なりの意見を書いてみたいと思います。 […]
  • コラム オーリャ!2008年7月22日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年7月22日付け  『響ファミリー』の追加公演(十三日文協講堂)を家族六人で観たという〃実例〃を知って、ちょっとびっくりした。 […]
  • イタケロンを誰が命名?=施設命名権を3億レで取引2011年8月18日 イタケロンを誰が命名?=施設命名権を3億レで取引 ニッケイ新聞 2011年8月18日付け  FCコリンチアンスのアンドゥレス・サンシェス会長は、建設中のスタジアム「イタケロン」の命名権の販売を考えており、現在約3億レアルで民間銀行と交渉していると16日付エスタード紙が報じている。 […]