ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付で報じているボウソナロ氏のスタッフはあくまで「前政権からの引継作業用」であり、正式な次期閣僚とは異なるが、メディアは早くも次期閣僚の人物像を追いはじめている。とりわけ注目を集めているのは、ボウソナロ氏の政党、社会自由党(PSL)副党首で、10月に下院議員に当選したジュリアン・レモス氏だ。同氏は偽証罪で1度逮捕された上、妻への暴力でマリア・ダ・ペーニャ法に抵触し、3度も告発を受けている。汚職撲滅を謳うボウソナロ氏だが、閣僚予定者にも警察の捜査を受けている人が既に数人。さらにいえば、今回のスタッフの中で女性はゼロ。閣僚正式発表の際にイメージを変えられるか。
     ◎
 5日、ブラジル版の年末ジャンボ宝くじ、第10回「メガ・ダ・ヴィラーダ」の販売が始まった。賞金総額は最低でも2億レアルで、くじに当たった人たちが分配する仕組みとなっている。この季節は例年、1本3・50レアルの宝くじ(グループやまとめ掛けなどの方法もある)にわずかばかりの夢を託した人たちがロテリカ(くじ売り場)で長蛇の列をなす。最近では、過去に当たりの出た売り場を調べて買う人も居る熱狂ぶりだが、今年も盛り上がりそう。
     ◎
 サッカーの名門、レアル・マドリッドの期待の18歳、ヴィニシウス・ジュニオルに大舞台への出場チャンス。今日7日のハンガリーでの欧州チャンピオンズ・リーグ、対プルゼニ戦でチームに既に帯同している。経験不足ゆえに、なかなかチャンスを与えられないが、最近は、「そろそろ起用しろ!」との声も強くなってきている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月20日 東西南北  今日20日は「黒人の日」で、サンパウロ州内では、サンパウロ市をはじめ、多くの市が休日となっている。そういうこともあり、この時期はブラジル国内紙でも黒人差別を扱った記事が少なくない。例えば、19日付アゴラ紙では、サンパウロ市東部のシダーデ・チラデンテスの黒人男性医師が差別にあっ […]
  • 東西南北2018年11月15日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が確定しているオニキス・ロレンゾーニ氏に、再び収賄疑惑が浮上した。同氏は昨年、食肉大手JBSから下院選挙時に10万レアルの不正献金を得ていたことを追及され、自身も認めていたが、今度は12年の賄賂支払分配表に同氏の名前があり、10万レアルが支払われた […]
  • 東西南北2018年11月17日 東西南北  本日付で報じたサンパウロ市西部ジャグアレー地区の高架橋落下騒ぎは市民に恐怖心と危機感を感じさせたが、16日付アゴラ紙によると、市内には同様の危険性を持ち、改修の必要のある橋が185カ所中、33カ所あるという。さらに、カサビ市政の2007年に、「注意すべき橋」として指定されたも […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年11月14日 東西南北  ボウソナロ政権で官房長官就任が約束されているオニキス・ロレンゾーニ下議が12日、「ノルウェーはブラジルに学ぶべきだ」と発言した。取材陣から、一度は廃止になりかかっていた環境省のことや、ブラジルが環境問題で欧州の環境団体から多額の罰金を課されそうなことを尋ねられ、「我々には我々 […]