ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日付で報じているボルソナロ氏のスタッフはあくまで「前政権からの引継作業用」であり、正式な次期閣僚とは異なるが、メディアは早くも次期閣僚の人物像を追いはじめている。とりわけ注目を集めているのは、ボルソナロ氏の政党、社会自由党(PSL)副党首で、10月に下院議員に当選したジュリアン・レモス氏だ。同氏は偽証罪で1度逮捕された上、妻への暴力でマリア・ダ・ペーニャ法に抵触し、3度も告発を受けている。汚職撲滅を謳うボルソナロ氏だが、閣僚予定者にも警察の捜査を受けている人が既に数人。さらにいえば、今回のスタッフの中で女性はゼロ。閣僚正式発表の際にイメージを変えられるか。
     ◎
 5日、ブラジル版の年末ジャンボ宝くじ、第10回「メガ・ダ・ヴィラーダ」の販売が始まった。賞金総額は最低でも2億レアルで、くじに当たった人たちが分配する仕組みとなっている。この季節は例年、1本3・50レアルの宝くじ(グループやまとめ掛けなどの方法もある)にわずかばかりの夢を託した人たちがロテリカ(くじ売り場)で長蛇の列をなす。最近では、過去に当たりの出た売り場を調べて買う人も居る熱狂ぶりだが、今年も盛り上がりそう。
     ◎
 サッカーの名門、レアル・マドリッドの期待の18歳、ヴィニシウス・ジュニオルに大舞台への出場チャンス。今日7日のハンガリーでの欧州チャンピオンズ・リーグ、対プルゼニ戦でチームに既に帯同している。経験不足ゆえに、なかなかチャンスを与えられないが、最近は、「そろそろ起用しろ!」との声も強くなってきている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボルソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボルソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出2018年12月28日 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出  2018年もブラジルでは大きなニュースが相次いだが、その中から特に大きなものを10選び、改めて紹介する。  1位はジャイール・ボルソナロ氏の大統領選勝利だ。同氏の勝利は、ただ単に「極右候補が勝った」という性質のものではなく、9月6日にミナス・ジェライス州で起きた刺傷 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]