ホーム | 日系社会ニュース | 土佐祭り第1弾盛大に配信=ライブは1800人が視聴=感染拡大で第2弾は延期縮小へ

土佐祭り第1弾盛大に配信=ライブは1800人が視聴=感染拡大で第2弾は延期縮小へ

来社した土佐まつりの主催者一行

来社した土佐まつりの主催者一行

 「ライブでは多くの人にご視聴いただき、本当に感謝しかありません」――高知県人会の片山アルナルド会長(二世、75歳)は来社して、そう謝辞をのべた。外出自粛令が発令されて9カ月が経つコロナ禍で、県人会の中でも一番イベントを多く行っている高知県人会。土佐祭り第1弾を11月22日にオンライン開催し、そのライブ配信は約9時間に亘ってSNS上で大いに盛り上がった。弁当販売でも130食を売り上げ同じく大盛況だった。同県人会によれば2日午後現在で、第2段は予定より規模縮小し、12日に1日だけ開催するはずだという。


 第1弾のライブではバンドグループのガイジン戦隊やアニメソング歌手、コスプレショー、日系ブラジル人で元ジャニーズJrの岡本カウアンも日本から出演した。放送したフェイスブックやインスタグラム・ユーチューブなどの各SNSでは約1800も「いいね」ボタンが押されるなど高評価が送られ、視聴者をわかせた。

食事販売会場の高知県人会メンバー

食事販売会場の高知県人会メンバー

 高知県人会青年部の塩川ファビオ部長は「例年と違い、コロナ禍で大変ですが皆で団結して開催しました」と語る。弁当販売を行った婦人部も、「急きょ決まった販売でしたが、多くの方が購入してくれて作りがいがあり嬉しいです。次回も奮って提供したいです」と声を揃えた。
 土佐祭りオンラインライブの様子は以下URL(https://www.youtube.com/watch?v=VvVIVeJSBKM)よりいつでも視聴可能。
 同祭は今週末に第二弾が予定されていたが、1、2日にサンパウロ市役所と協議した結果、コロナ感染拡大を理由に規模縮小の上で延期になる見込み。開催しても12日の1日開催になりそうだ。
 本来ならイッペー会(小林ヴィクトール会長)と共催する形で、5日・6日9~21時にサンパウロ市ジャルジン・アナリア・フランコ区にあるセレチ公園内(Parque Ceret, R.Canuto Abreu)で大々的に第二弾を開催する予定だった。
 だが延期に伴い、場所がセントロ・エドゥカショナル・マネ・ガリンシャ(C.E. MANÉ GARRINCHA , IBIRAPUERA, Rua Pedro de Toledo, 1651 – Vila Clementino)に変更。
 本来は20店舗程のバザリスタが出店し焼きそばやパステウ、ブラジルのデザートなどの食品も販売も予定され、日本祭りでおなじみのカツオのタタキが県人会から販売されるはずだったがなくなった。
 延期後は舞台でのショーと県人会の屋台のみが開催されそうだ。コスプレコンテストやガイジンセンタイ、太鼓などのショーが行われる予定。延期後の予定は後日詳報。

image_print

こちらの記事もどうぞ