ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■城田静子さん

■訃報■城田静子さん

城田静子さん

城田静子さん

 南麻州ドウラードス市の日本語モデル校元校長の城田志津子さんが8日午後10時、腸などの感染症のためサンタリッタ病院で亡くなった。享年81。
 城田さんは1936年11月9日北海道深川市生まれ。1956年に渡伯し、共栄移住地に入植した。その後71年、同地に設立された共栄日本語学校の語学教師に就任し、43年間日語・日本文化の普及に務めた。89年にはドウラードス市日本語モデル校の校長に就任。2017年、同校の名誉校長となった。
 また、「日本語教師合同研修会」の発起人でもあり、日語能力試験の開発に尽力した。日本語普及センター(日本語センター)の教科書編集委員会の地域委員も務めた。
 15年に外務大臣表彰、17年に旭日双光賞などを受賞していた。
 葬式は9日午後4時、同市内のサント・アントニオ・デ・パードゥア墓地で行なわれた。初七日法要は未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆2019年5月14日 ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆  「NHK全国俳句大会」では、パラー州都ベレン市在住の下小薗秋風さんは海をまたいで俳句の競作を家族で楽しんでいる。今年の第20回大会では4人とも仲良く佳作に入選したという。  メンバーは下小薗さんと妻そのさん、茨城県に住む姉と鹿児島県に住む妹の四人だとか。 […]
  • 沖縄県人会ビラ・カロン支部=3月1日から新役員が就任2019年2月27日 沖縄県人会ビラ・カロン支部=3月1日から新役員が就任  ブラジル沖縄県人会ビラ・カロン支部の「定期総会」が先月27日、聖市ビラ・カロン区の同会館で開催され、新会長には小波津アントニオ・セルジオ氏が決まった。  副会長には米須保氏、岸本アントニオ氏、花城清氏、仲本ロベルト氏、仲宗根ジョアン氏が就任する。なお、正式に現役員と […]
  • 新時代到来へコロニアの声=平成に感謝! 令和に期待!=「コクエラまで来られた両陛下に心から感謝」2019年5月1日 新時代到来へコロニアの声=平成に感謝! 令和に期待!=「コクエラまで来られた両陛下に心から感謝」  「天皇陛下がブラジルに来られたのは、良い思い出です」――ニコニコと人懐っこい笑顔を見せたのは、モジ秋祭りに参加していた斉藤マリオさん(83、二世)。78年に皇太子同妃両殿下(当時、現上皇上皇后両陛下)がご来伯した際、モジ市最古の入植地コクエラで日本人会の役員を務めてい […]
  • 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=コロニアから感謝の声!2019年2月23日 奉祝、天皇陛下ご在位30周年=コロニアから感謝の声!  24日、天皇陛下ご在位30年記念式典が、東京都の国立劇場で催される。陛下は4月30日にご退位され、平成の御代もいよいよ幕引きとなる。天皇皇后両陛下は皇太子時代の1967年、78年、ご即位後の97年の計3回に及んでブラジルを訪問された。移住者と子弟にずっと心を寄せられ、 […]
  • 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下2019年2月23日 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下  「もう、ダメか」――病床にて最期の瞬間まで沖縄に思いを寄せ、ご訪問叶わずに崩御された昭和天皇。その遺志を継がれ、地上戦で20万人以上が犠牲となった沖縄に計11回訪れ、慰霊の旅を続けてこられた今上陛下に特別な思いを寄せる人がいる。  沖縄県人会元会長で、糸満市米須出身 […]