ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■城田静子さん

■訃報■城田静子さん

城田静子さん

城田静子さん

 南麻州ドウラードス市の日本語モデル校元校長の城田志津子さんが8日午後10時、腸などの感染症のためサンタリッタ病院で亡くなった。享年81。
 城田さんは1936年11月9日北海道深川市生まれ。1956年に渡伯し、共栄移住地に入植した。その後71年、同地に設立された共栄日本語学校の語学教師に就任し、43年間日語・日本文化の普及に務めた。89年にはドウラードス市日本語モデル校の校長に就任。2017年、同校の名誉校長となった。
 また、「日本語教師合同研修会」の発起人でもあり、日語能力試験の開発に尽力した。日本語普及センター(日本語センター)の教科書編集委員会の地域委員も務めた。
 15年に外務大臣表彰、17年に旭日双光賞などを受賞していた。
 葬式は9日午後4時、同市内のサント・アントニオ・デ・パードゥア墓地で行なわれた。初七日法要は未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フィッチ=ブラジル国債の格付引き下げ=社会保障制度改革の断念で2018年2月24日 フィッチ=ブラジル国債の格付引き下げ=社会保障制度改革の断念で  世界的投資信託の権威フィッチが23日にブラジル国債の格付を引き下げ、財界に波紋が広がっている。23日付現地紙サイトが報じている。 […]
  • 大耳小耳2016年3月22日 大耳小耳  ビーチサッカーの日本代表チームが17日から、遠征のため当地に滞在している。20日にはリオのコパカバーナで、地元チームとの練習試合に4―2で勝利したようだ。23日に対フラメンゴ、25、26日に対セレソン、27日に対リオ州選抜を控える。監督はカリオカのマルセロ・メンデス氏が務め、 […]
  • 金融危機=銀行に945億Rを投入=FGC制度変更で資金捻出2008年12月19日 金融危機=銀行に945億Rを投入=FGC制度変更で資金捻出 ニッケイ新聞 2008年12月19日付け  国家通貨審議会(CMN)は十七日、〇九年には、流通量不足の金融市場に九百四十五億レアルの公的資金を投入する意向を表明と十八日付けフォーリャ紙が報じた。 […]
  • 《ブラジル》Azul航空がアヴィアンカ買収で基本合意=主要空港の発着枠も取得=競争増し、価格低下なるか?2019年3月13日 《ブラジル》Azul航空がアヴィアンカ買収で基本合意=主要空港の発着枠も取得=競争増し、価格低下なるか?  昨年12月10日に民事再生手続きを申請してからほぼ3カ月後の11日、コロンビア系航空会社アヴィアンカ・ブラジル(以下「アヴィアンカ」)がAzul航空に事実上身売りする事で合意したと、12日付現地各紙が報じた。  合意内容は、30機の機体と、70の「スロット」(空港の […]
  • 鳥取熟年大学例会=与古田シニア講師に=16日2009年9月9日 鳥取熟年大学例会=与古田シニア講師に=16日 ニッケイ新聞 2009年9月9日付け  鳥取熟年大学は十六日午後一時から鳥取交流センター(セザリア・ファルンデス街323)で九月の例会を開く。  今月は、老ク連で勤務するJICAシニアボランティアの与古田徳蔵さんが講師を務める。余興も予定。 […]