ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ゴールドファジン中銀総裁が退任か=後任にはR・カンポス氏が有力

《ブラジル》ゴールドファジン中銀総裁が退任か=後任にはR・カンポス氏が有力

 ジャイール・ボウソナロ次期大統領(社会自由党・PSL)の政権移行チームは、イラン・ゴールドファジン現ブラジル中銀総裁の後任の人選に当たっていると、13、14日付現地紙・サイトが報じた。
 13日にブラジリアのブラジル銀行文化センター(CCBB)で行われた政権移行スタッフ会議には、次期政権の経済相就任が内定しているパウロ・ゲデス氏や、エドゥアルド・ボウソナロ、マジョール・オリンポ両下議(共にPSL)らと共に、サンタンデール銀行理事のロベルト・カンポス・ネット氏が参加した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ