fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 反小児ポルノ=ブラジルとアルゼンチンの警察が同時に摘発作戦実行=69件の捜査令状が執行される

反小児ポルノ=ブラジルとアルゼンチンの警察が同時に摘発作戦実行=69件の捜査令状が執行される

 ブラジル治安省による小児ポルノ摘発作戦である、ルス・ナ・インファンシア(「幼少期に光を」の意)作戦第3弾が22日に決行され、ブラジル全土18州と連邦直轄区の市警が合計69の家宅捜索、押収令状を執行した。
 治安省は「今回の作戦は、子供や青少年を標的として目論まれる、インターネット空間での犯罪摘発活動を、より強力に継続するためのもの」との声明を発表した。
 今回の作戦には、隣国アルゼンチンの捜査当局も参加した。アルゼンチン当局はアルゼンチン国内で、41件の家宅捜索を実行した。
 「両国の捜査機関の協力により、国境を越えて活動する犯罪者たちの存在を突き止める事が出来た。ブラジル、アルゼンチン両国で同時に行われた作戦では、およそ1千人の警官が動員された」とブラジル治安省の声明は続けた。
 ルス・ナ・インファンシア作戦は2017年10月に第1弾が実行された。そこでは157件の捜査令状が執行され、112人が逮捕された。
 第2弾は今年5月に実行された。第2弾では579件の捜査令状が実行され、251人が逮捕された。(22日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》墓穴を掘ったボリビア保守派2020年10月23日 《記者コラム》墓穴を掘ったボリビア保守派  18日にボリビアで行われた大統領選はルイス・アルセ氏の圧勝であっさりと終わった。  昨年は、選挙結果に激昂し暴力沙汰を起こし、大統領だったエヴォ・モラレス氏が亡命を余儀なくされるほどに荒れた選挙だった。その1年後、結局は、2006年からの長年の政権与党だったエヴ […]
  • 《ボリビア大統領選》左派・アルセ氏の当選確実=極右勢力による動乱の1年後2020年10月20日 《ボリビア大統領選》左派・アルセ氏の当選確実=極右勢力による動乱の1年後  18日に行われたボリビアの大統領選は、正式な開票結果が出ていない。だが、出口調査の段階で、左派候補のルイス・アルセ氏が一次投票で圧勝と伝えられ、対立候補らが敗北を認める事態となっている。19日付現地紙サイトが報じている。  今回の大統領選は、昨年11月に行われた大統 […]
  • 《記者コラム》16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒2020年10月20日 《記者コラム》16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒  BBCブラジルにセンセーショナルな記事が踊った。  いわく《400年前にポルトガル人によって世界に売られた日本人奴隷の歴史》(9月12日付、アナ・パウラ・ラモス記者)〈https://www.bbc.com/portuguese/internacional-5412 […]
  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]