ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》高等裁判所が裁判官への裁判特権維持=閣僚などとは異なる扱いに

《ブラジル》高等裁判所が裁判官への裁判特権維持=閣僚などとは異なる扱いに

 高等裁判所が21日に判事投票を行い、10対3で、高等裁や地域裁、地域労働裁、地域選挙裁の判事には、現状の裁判特権(フォロ・プリヴィレジアード、以下FP)を維持することを決めた。22日付現地紙が報じている。
 今回の投票で決まったのは、前記裁判所の判事が起訴された時は、当該事由が役職と関係あるかや、役職期間中に起きたかに関係なく、高等裁で扱うということだ。
 最高裁は今年5月、連邦政府の閣僚や上議、下議に関するFPは「在任中に起きた、役職に関連した事件に関してのみ」適用することとし、就任前の嫌疑や役職に関わりのない嫌疑に関する裁判は、嫌疑が生じた時点の役職などに応じた裁判所で行うことを決めた。
 STFの決定は、旧態然としたFP規定によって滞っていた裁判案件を開放するために行われたが、今回の高等裁の判断では「司法界のヒエラルキー」が重視された。
 これは、高等裁判事が家族に対して起こした傷害事件を契機に起きた論議で、自分を処罰したり解雇したりできる立場の高等裁判事を裁く1審判事の判断に偏りや誤りが生じうるとの懸念が、先のような判決を生んだ。FP維持に賛成したエルマン・ベンジャミン判事は、「判事だって人間。キャリアが浅いとどうしても偏った判断をしてしまうもの」とし、高等裁で裁くべきとした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ボタフォゴ本田》デビューは15日バングー戦?=風邪から回復し練習合流=コロナ感染はチーム幹部が否定2020年3月12日 《ボタフォゴ本田》デビューは15日バングー戦?=風邪から回復し練習合流=コロナ感染はチーム幹部が否定  ボタフォゴの本田がようやくブラジルデビューを迎えそうだ。風邪による体調不良で、10日のブラジル杯パラナ・クルーベ戦を欠場した本田が、11日の練習に参加した。10日の試合を1対0で勝利したボタフォゴの次戦は、15日の午後4時キックオフ、リオ州選手権第2ステージのグループ・リーグ […]
  • サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中2020年3月12日 サンパウロ大都市圏=市局長が自宅前で銃殺=犯人は依然として逃走中  サンパウロ大都市圏のフェラス・デ・ヴァスコンセロス市で9日夜、同市のスポーツ局長が自宅前で銃撃され、殺害された。11日付現地紙が報じている。  亡くなったのはフランシスコ・ペレイラ・デ・ブリット氏。同氏は9日、同市ジャルジン・サンジョヴァンニ地区にある自宅に帰宅したところ、 […]
  • リオ市=マリエレ氏殺害犯陪審裁に=今月中にも裁判実施か?2020年3月12日 リオ市=マリエレ氏殺害犯陪審裁に=今月中にも裁判実施か?  18年3月14日夜、リオ市で起きた、マリエレ・フランコ市議と運転手のアンデルソン・ゴメス氏殺害事件の実行犯2人が陪審裁判にかけられる事になったと10日付現地紙・サイトが報じた。  リオ州地裁のグスターヴォ・ゴメス・カリル判事が10日に明らかにしたもので、陪審裁の日取りは未定 […]
  • ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆2020年3月11日 ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆  パラグアイで偽造パスポートなどを使い、6日に実兄と共に逮捕されたサッカーの元名選手ロナウジーニョに関し、セルジオ・モロ法相がパラグアイの内務相と連絡を取り、釈放の可能性などについて尋ねたことが明らかにされた。  ブラジルでも9日に、モロ法相が「ロナウジーニョの事件の詳細や両 […]
  • 《コロナウイルス》フェイクニュースにご用心=不安な心理でネット拡散2020年3月11日 《コロナウイルス》フェイクニュースにご用心=不安な心理でネット拡散  新型コロナウイルスが世界中に拡散し、各国政府や保健当局が対応に追われている中、不安に駆られた市民の間で、コロナウイルスに関する嘘の情報“フェイクニュース”が拡散されている。  ブラジルメディアは、「Sarsが騒がれた2003年は、今日世界に普及しているSNSは何も存在しなか […]