ホーム | ブラジル国内ニュース | ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘

ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘

昨年のネッタイシマカ撲滅キャンペーンの様子(CARLA FISCHER/ASCOM SESPA)

昨年のネッタイシマカ撲滅キャンペーンの様子(CARLA FISCHER/ASCOM SESPA)

 本格的な夏を前に、25~30日にネッタイシマカ(Aedes aegypti)撲滅週間を展開と23日付アジェンシア・ブラジルが報じた。保健省によると、14万6千の小中学校や1万1千の社会福祉機関、5万3千の保健所など、21万の機関が同週間に参加する。
 ネッタイシマカ撲滅週間の目的は、この時期に蚊の幼虫(ボウフラ)が発生しやすい場所を減らし、デング熱やチクングニア熱、ジカ熱の発生や流行を抑える事だ。保健省は各自治体に、ネッタイシマカがこれらの病気を媒介する事や、ボウフラの発生防止が最も効果的な予防法である事などを積極的に伝え、市民と共にネッタイシマカ撲滅にあたるよう、指導している。具体的活動は、専門家による家庭訪問、蚊を退治する必要や退治法などに関するパンフレット配布、コミュニティとの対話の場開設、サイト立ち上げ、ワークショップ、劇上映などだ。
 夏の間は、気温上昇と多雨という、ボウフラが発生しやすい環境が整うため、蚊が媒介する病気も広がりやすい。全国的に見ると、1~11月はネッタイシマカが媒介する病気発生数が昨年同期より減ったが、デング熱やチクングニア熱、ジカ熱の患者が急増している州もいくつかある。
 他方、サンパウロ州海岸部での黄熱病やマラリアについての警鐘を掲載したのは26日付エスタード紙。これからの時期は暑さと休暇が重なる上、海岸部では再び黄熱病の患者発生が報告されているが、サンパウロ州全体の黄熱病予防接種率は65%と低い。
 もちろん、カラグアタツーバやウバツーバは99%と97%、北部海岸全体は85%で比較的良好だ。だが、バイシャーダ・サンチスタは、サントスこそ90%と高いが、イタニャエンとグアルジャは67・5%と66%、地域全体の接種率は55%だ。また、海岸に下りる人も多いサンパウロ市は58・5%など、未防備な人が多い。
 他方、北部海岸のイーリャベーラでは19、20日に、4歳児と1歳2カ月の赤ん坊のマラリア感染が確認された。今年に入ってからの同病患者は、サンセバスチアンの3人はじめ、カラグアタツーバやサンジョゼ・ドス・カンポスなどの原生林地帯で発生している。マラリアは予防接種がなく、防虫スプレーを使うなどの対策が必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に2020年2月13日 サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に  サンパウロ州保健局が8日、1月に感染が確認されたデング熱患者は1万890人おり、死者も2人出たと発表した。  死者が出たのは、内陸部のプレジデンテ・ヴェンセスラウ市とオズワルド・クルス市だ。  1月に感染が確認された患者の40%以上は、10市に集中している。内訳は […]
  • 夏場の感染症等に注意を!=デング熱や食中毒、熱中症2020年1月8日 夏場の感染症等に注意を!=デング熱や食中毒、熱中症  サンパウロ市保健局によると、サンパウロ市では2019年のデング熱患者が前年比2700%増え、1万6815人が罹患、内3人が死亡したと、6日付現地紙サイトが報じた。  デング熱やジカ熱、チクングニア熱など、蚊が媒介する病気、ヴィローゼと呼ばれるウイルス性感染症、熱中症 […]
  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻2019年6月25日 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻  ブラジル保健省が、6月10日現在のデング熱の患者数は59万6380人で、死者数は366人に達したと発表したと24日付現地紙サイトが報じた。  同省によると、昨年同期のデング熱による死者は139人で、今年は2倍以上になっている。内188人(51・3%)は60歳以上だった。慢性 […]
  • リオ州でマヤロウイルス確認=チクングニア熱と誤診の可能性2019年5月24日 リオ州でマヤロウイルス確認=チクングニア熱と誤診の可能性  ブラジル北部や中西部でチクングニア熱などに似た症状の患者発生をもたらしていたマヤロウイルス(MAYV)が、リオ州で発見されたと16、17日付現地紙サイトなどが報じた。  MAYVはデング熱、チクングニア熱、ジカ熱などと同様、蚊が媒介。マヤロ熱という病気を引き起こす。 […]