ホーム | コラム | 樹海 | 多様性は大学と学生の双方を豊かにする

多様性は大学と学生の双方を豊かにする

 27日朝、ポ語の新聞に出ていないニュースや新聞発刊後の動きを確認するためにサイトを見ていたら、サンパウロ州立カンピーナス大学入試委員会が、アマゾナス州サンガブリエル・ダ・カショエイラ市に試験官を派遣し、初めての先住民枠用の入試を行うとの記事が目に飛び込んだ▼先住民枠用の入試は全5市で行われ、27のコースで72人の先住民を受け入れるという。同大の先住民新入生は05年の17人が最高で、07年は4人のみ。今年も7人で、3327人いる新入生の0・25%に過ぎない。10年の国勢調査での先住民人口は総人口の0・43%だから、同大の先住民新入生の数は人口比率をかなり下回る▼しかし、先住民学生が増えれば世界観や文化などの諸面で多様性が増す事を、同大は人口比率以上に重視。生態系その他の持続性保持や、薬草などを使う医術など、先住民から学ぶべき事も多いとしている。サンガブリエル・ダ・カショエイラは先住民比率がブラジル一高く、人口の76%が先住民だ。全5市での先住民受験者は610人で、内350人が同市で受験する。大学側は、先住民学生から学びたいとの理由で、試験官らに飛行機と船で3500キロの旅をさせ、先住民枠用の入試を行う。この姿勢は、人種や文化など、世界でも類を見ないほどの多様性に満ちた国なればこそだろう▼21日には、トカンチンス州の農場にある先住民の建築技術を活かした木造の学校が、世界の建築業界の注目を集め、国際的な賞を受賞したばかりだが、言葉や文化、思想、技術などの違いは多様性や豊かさを生む。カンピーナス大学の試みが、受容と発展のモデルの一つともなる事を望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?2019年3月12日 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?  47都道府県人会はいつまで揃っているのか――ブラジル日本都道府県人会連合会の役員会の呼びかけで2月23日に行われた「京都会の昼食会」を取材しながら、そう考え込んだ。  その時、鹿児島県人会の上園モニカみちえ会長は「ブラジルは世界で唯一47都道府県すべての会が揃ってい […]
  • 惨事や人ごみを悪用する輩達2019年3月7日 惨事や人ごみを悪用する輩達  サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並 […]
  • 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?2019年3月1日 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?  もう、今日が終わりそうなあたりから聖市、そして全国が注目のリオで3日の23時30分からカーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまる。伯国民にとっては、それに興味があろうとなかろうと、もはや無意識のうちに刷り込まれた日常、とでもいうべき、不可欠な存在でもある▼エスコー […]