ホーム | コラム | 樹海 | 多様性は大学と学生の双方を豊かにする

多様性は大学と学生の双方を豊かにする

 27日朝、ポ語の新聞に出ていないニュースや新聞発刊後の動きを確認するためにサイトを見ていたら、サンパウロ州立カンピーナス大学入試委員会が、アマゾナス州サンガブリエル・ダ・カショエイラ市に試験官を派遣し、初めての先住民枠用の入試を行うとの記事が目に飛び込んだ▼先住民枠用の入試は全5市で行われ、27のコースで72人の先住民を受け入れるという。同大の先住民新入生は05年の17人が最高で、07年は4人のみ。今年も7人で、3327人いる新入生の0・25%に過ぎない。10年の国勢調査での先住民人口は総人口の0・43%だから、同大の先住民新入生の数は人口比率をかなり下回る▼しかし、先住民学生が増えれば世界観や文化などの諸面で多様性が増す事を、同大は人口比率以上に重視。生態系その他の持続性保持や、薬草などを使う医術など、先住民から学ぶべき事も多いとしている。サンガブリエル・ダ・カショエイラは先住民比率がブラジル一高く、人口の76%が先住民だ。全5市での先住民受験者は610人で、内350人が同市で受験する。大学側は、先住民学生から学びたいとの理由で、試験官らに飛行機と船で3500キロの旅をさせ、先住民枠用の入試を行う。この姿勢は、人種や文化など、世界でも類を見ないほどの多様性に満ちた国なればこそだろう▼21日には、トカンチンス州の農場にある先住民の建築技術を活かした木造の学校が、世界の建築業界の注目を集め、国際的な賞を受賞したばかりだが、言葉や文化、思想、技術などの違いは多様性や豊かさを生む。カンピーナス大学の試みが、受容と発展のモデルの一つともなる事を望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール2019年6月7日 いずれにせよ、出るべきではなかったネイマール  5月末から勃発した「強姦疑惑騒動」から5日までドタバタした結果、ネイマールは「故障」という形でコパ・アメリカの出場を断念することになった▼5日夜にはネイマールを訴えた女性、ナジーラさんが実名と顔を公表してSTB局のニュースにも生出演し、彼女の信憑性を巡って世の評価は二 […]
  • 慰安婦像を巡って考えた伯米日系人の違い2019年6月4日 慰安婦像を巡って考えた伯米日系人の違い  県連故郷巡りで米国カリフォルニア州(加州)を見て回って「伯米日系人の最大の違いは何が」と考えた時、やはり日本に対する好感度ではないか、という気がした。というのは、米国日系人の一部には、日本のことを嫌いな人たちが相当数いると聞いたからだ。  例えば、加州で特徴的に物議 […]
  • 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界2019年5月31日 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界  27日、男性人気歌手ガブリエル・ジニスが小型飛行機の墜落で亡くなった。昨年、ラテン・ダンス調のラブ・ソング「ジェニフェル」が大ヒットし、これから国を代表する人気者になりかけた矢先だった。ワイルドながら親しみやすい容姿に、高音域がスカッと伸びる恵まれた声質、そして、「ジ […]
  • 日ごろの成果が本番に出る2019年5月30日 日ごろの成果が本番に出る  中学、高校の部活でバレーボールをやっていた時分、「日ごろの成果が試合に出る」、「普段からやっていない事は本番では出来ない」とつくづく感じた事がある▼150センチそこそこの身長では、少々ジャンプ力があっても、高校レベルでは攻撃要員にはなれない(同好会程度ならOKだが)。必然的に […]