ホーム | Free | 初釜初生けで新春祝う!=申し込み締切りは20日まで

初釜初生けで新春祝う!=申し込み締切りは20日まで

案内のため来社した一行

案内のため来社した一行

 茶道裏千家ブラジルセンターとブラジルいけ花協会の共催で「新春初釜、初生け」が、来年1月13日午前11時からマクスード・プラザホテル(Alameda Campinas, 150)で開催される。
 ブラジル日本移民110周年の幕開けを飾った「新年会」に続き、初釜と初生けを同時開催するのは2度目。午前11時から茶会が始まり、12時45分から開会式。13時から昼食会に移り、14時半から特別ショーが用意されている。
 来社した同センターの武田有美さん、ヴァウデルソン・クイアバーノ・シウヴェリオ・デ・ソウザさん、同会のエトソン・トンピソン・デ・リマ・ジュニオール会長は「旧年の感謝を込めると同時に、新たな一年がよい年となるよう祈り、お祝いできれば」と参加を呼びかけた。
 申し込みの締切りは、12月20日まで。問合せは(11・3145・8000、メールアドレス/cerimoniacha@hotmail.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》パンタナル「象の聖地」にも火災が及ぶ=象5頭が安全な場所に避難2020年10月16日 《ブラジル》パンタナル「象の聖地」にも火災が及ぶ=象5頭が安全な場所に避難  ブラジル中西部マット・グロッソ州の州都クイアバから65キロのシャパーダ・ドス・ギマランエスには、ラテン・アメリア唯一の「象の聖地」があるが、森林火災が多発し、聖地の一部も延焼したため、象5頭が安全な場所に移された。  「象の聖地」を脅かす火災は、聖地の近隣の地所で9 […]
  • 《ブラジル》環境相がパンタナルの火災現場を再視察=ジャガー生息地の州立公園は85%焼失2020年9月25日 《ブラジル》環境相がパンタナルの火災現場を再視察=ジャガー生息地の州立公園は85%焼失  リカルド・サレス環境相が24日、マット・グロッソ州(MT州)ポコネ市を訪問し、森林火災の実状を再視察したと同日付現地サイト報じた。  ポコネ市はマット・グロッソ州州都クイアバ市から102キロの所に位置するパンタナルの入り口的な町だ。そのポルト・ジョフレ地区にある州立 […]
  • 《ブラジル》パンタナル=森林火災が40日超える=ジャガーの生息地脅かす2020年9月10日 《ブラジル》パンタナル=森林火災が40日超える=ジャガーの生息地脅かす  ブラジル中西部に広がるパンタナルでの森林火災が40日以上経っても鎮火せず、マット・グロッソ州の州立エンコントロ・ダス・アグアス公園の一部にも被害が及び始めた。  森林火災の被害が出始めたのは、州立公園の一部で、州都のクイアバ市から102キロのポコネ市ポルト・ジョフレ […]
  • 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要2020年9月1日 《ブラジル》ラオニ酋長のコロナ感染確認=熱もなく人工呼吸器は不要  先住民の人権保護で国際的に知られるカイアポ族のラオニ・メトゥクチレ酋長(89)が新型コロナに感染した事が公表されたと8月31日付現地サイトが報じた。  ラオニ氏は肺炎や白血球数増加で、マット・グロッソ州クイアバ市から503キロのシノッピ市ドイス・ピニェイロス病院に入 […]
  • 《ブラジル》14歳少女を誤って射殺?=女友達が発砲、父を起訴2020年8月5日 《ブラジル》14歳少女を誤って射殺?=女友達が発砲、父を起訴  マット・グロッソ州都クイアバ市で7月12日、友人少女宅を訪問中だったイサベレ・ギマランエス・ラモスさん(14歳)が射殺される事件が発生した。発砲したのは同年代の少女。その父親マルセロ・チェスタリ氏(46)が、銃の不法所持等の罪で市警に起訴された。3日付け各伯字紙が報じている。 […]