ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マクロン仏大統領がボウソナロ批判=環境問題への姿勢を疑問視=国際関係に影響する可能性も

《ブラジル》マクロン仏大統領がボウソナロ批判=環境問題への姿勢を疑問視=国際関係に影響する可能性も

マクロン大統領(G20 Argentina)

マクロン大統領(G20 Argentina)

 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は11月29日、G20サミット開催直前のアルゼンチンで、環境問題に対するボウソナロ次期大統領の姿勢を強く批判し、それが同国との通商に影響することを示唆した。11月29日、30日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。
 マクロン大統領の行った批判は、ボウソナロ氏が、ブラジルで来年行われる予定だった第25回気候変動枠組条約締約国会議(COP25)のホスト国を返上させ、気候変動抑制を定めた「パリ協定」離脱を示唆したことに対するものだ。パリ協定には、ブラジルを含む世界196カ国が2015年に署名している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ