ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パンツ上議=ロドリゲス氏が自ら停職=繰り上がる補欠は息子

《ブラジル》パンツ上議=ロドリゲス氏が自ら停職=繰り上がる補欠は息子

 不正が疑われる現金3万レアルをパンツの中に隠していたことで有名になったシコ・ロドリゲス上議(民主党・DEM)が20日、自ら121日間の停職を申し出た。20日付現地サイトが報じている。
 ロドリゲス上議は14日に行われた、コロナ禍に伴うロライマ州保健局の不正疑惑に絡む連警の捜査で家宅捜索を受けた際、パンツに3万3150レアルを隠していたことが発覚。この件は報じられるや、たちまち全国的な話題となった。
 同件を受け、最高裁のルイス・ロベルト・バローゾ判事は、同上議に90日間の停職処分を言い渡した。だが、上院からこの命令に対する不満の声が挙がったことを受け、ルイス・フクス長官が「21日の全体審理で今後の処分を正式に決める」ことを決めていた。

 ロドリゲス氏はその審理の前日に自ら停職を申し出た形となった。これで審理が行われない可能性も出てきた。
 ロドリゲス上議は「職員に渡すための金だった」と不正を否定しているが、上院では罷免を求める動きもある。なお、この停職で、補欠として上議に繰り上がるのは息子のペドロ・アルトゥール・フェレイラ・ロドリゲス氏。ロドリゲス上議は本来、議員が起こした倫理上問題のある案件を審議する上院倫理委員会のメンバーだった。この件に関しては、同委員会審議は臨席の形で行われるため、開催そのものが疑問視されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも2020年11月28日 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも  【既報関連】新型コロナで第2波到来を口にする専門家も出始める中、リオ州では入院待ちの人が連日200人を超えるなど、医療崩壊の兆候が出ている。オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は第2波到来を否定したが、感染者や死者の増加を認め、警告を発したと27日付現地紙、サイト […]
  • 《ブラジルSC州》首の皮一枚! モイゼス知事罷免逃れる=続々と別の弾劾裁判控える中2020年11月28日 《ブラジルSC州》首の皮一枚! モイゼス知事罷免逃れる=続々と別の弾劾裁判控える中  27日、サンタカタリーナ州で罷免審理のための特別裁判が行われ、カルロス・モイゼス知事(社会自由党・PSL)は判事投票6対3で罷免を免れた。27日付現地サイトが報じている。  今回の罷免審理は、モイゼス知事が州検察官の給与を議会での承認を得ずにあげたことの責任を問われ […]
  • 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ2020年11月28日 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ  27日の「ブラック・フライデー」の売れ方は、コロナ禍の影響もあり、ネット上が強く、販売店では弱いという傾向が出ていると、27日付現地サイトが報じている。  ブラック・フライデーはここ数年、ブラジルでもクリスマスと並ぶ、年間を通じた小売の稼ぎどきとして定着している。だが、今年 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 《ブラジル》10月は39万5千人弱の雇用純増=今年の累積ではまだマイナス2020年11月27日 《ブラジル》10月は39万5千人弱の雇用純増=今年の累積ではまだマイナス  経済省が26日に発表した全就労・失業者台帳(Caged)のデータによると、10月は正規雇用者数が39万4989人増えた。10月の純増数は、1992年のCaged創設以来最高で、関係者の予想を大幅に上回ったという。  10月の新規採用者は154万8628人で、解雇者は […]