ホーム | ブラジル国内ニュース | 米中貿易戦争が一時休戦で、ブラジル株も若干上昇=ブラジル産大豆へ早急の影響はなし?

米中貿易戦争が一時休戦で、ブラジル株も若干上昇=ブラジル産大豆へ早急の影響はなし?

ブラジル産大豆の中国市場シェアには早急の影響はないと見られる(参考画像・Ivan Bueno/AG.PArana)

ブラジル産大豆の中国市場シェアには早急の影響はないと見られる(参考画像・Ivan Bueno/AG.PArana)

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで1日に会談したトランプ米大統領と中国の習近平国家主席が、90日間の貿易戦争休止で合意した事で、週明けの世界の株式市場は上昇した。サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)も一時9万1千ポイント(P)台をつけ、最終的には前の営業日比で0・35%増の8万9820Pで取引を終えたと、4日付ブラジル国内各紙が報じた。
 「90日間の貿易戦争休止」とは、米国が来年1月に予定していた、対中製品制裁関税引き上げの90日延期だ。休戦期間は短く、その後の情勢が好転する保証もないが、国際投資家たちは、この知らせをポジティブに受け止めた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ