ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に

《サンパウロ市》スペイン人のテロリストを逮捕=20数年の逃亡の末に

 サンパウロ市西部バラ・フンダで5日に公文書偽造罪で捕まった男性が、1977年にスペインでテロ事件を起こして逃亡していた人物だったことが判明した。7日付現地紙が報じている。
 この男性の本名はカルロス・ガルシア・フリアで、24歳だった1977年1月24日にマドリッドで起きた「アトチャの殺戮」という事件で、5人を殺害した。この事件で標的となったのは、スペイン共産党の党員と弁護士だった。
 ガルシア容疑者は193年の実刑判決を受けたが、受刑開始14年後に条件付の釈放が認められると、そのままパラグアイに向かった。94年にスペインの司法当局から帰国命令が出されたが、無視して、逃亡した。
 その後、1996年にボリビアで麻薬密輸容疑で逮捕されたが、その釈放後から、行方が全くわからなくなっていた。
 連邦警察によると、国際警察に勤務している連警捜査官の捜査で、同容疑者が偽の身分証明書を作成してサンパウロ市に住んでいることと住所が判明。身元を確認した後に逮捕に至ったという。
 同容疑者は取り調べ後、本国に送還される見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ