ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》無料wi-fiスポット拡大の取り組み=アクセス者は動画広告を強制視聴

《サンパウロ市》無料wi-fiスポット拡大の取り組み=アクセス者は動画広告を強制視聴

 サンパウロ市は、市内のフリーwi-fiスポットを今の120カ所から330カ所に増やす意向で、フリーwi-fiポイントの費用を私企業が負担する代わりに、利用者がアクセスした際に広告が端末に現れる仕組みを変更する。
 サンパウロ市技術革新局によると、現行の方式は2代前のハダジ市長時代に始まり、wi-fiスポット維持のために市が負担する金額は年間1200万レアル(約3億6千万円相当)。120カ所それぞれにつく企業の協賛金は、1カ所あたり月額8千レアル(約24万円相当)だ。
 新たに導入される方式では、動画配信サイト、YouTubeに倣い、フリーwi-fiの利用者はインターネット接続の際、利用端末に最大15秒の動画広告が流れる仕組みとなっているという。(9日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文2018年10月25日 英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文  英国誌「エコノミスト」は、「ブラジルで来年発足する新政権が社会保障制度改革を実行するまでの猶予は1年だ。もし1年以内に実行できなければ、ブラジル投資の気運は一気に下がるだろう」との報告書を作成したと、24日付ブラジル現地紙が報じた。  同誌は、28日の大統領選決選投票におい […]
  • 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に2018年10月9日 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に  バイア州で8日午前3時頃、大統領選に関して口論となったカポエラ師が、相手にナイフで刺されて殺される事件が起きた。8日付現地サイトが報じている。  殺されたのは「モア・ド・カテンデー」の名で知られるロムアウド・ロザーリオ・ダ・コスタ氏(63、以下、カテンデー)で、現場は、バイ […]
  • 聖市=レジ袋の課金再開される=対応分かれる店と消費者2015年7月15日 聖市=レジ袋の課金再開される=対応分かれる店と消費者  聖州スーパーマーケット協会(Apas)と聖州消費者保護センター(Procon―SP)の間での、買い物客1人あたり2枚までのレジ袋無料配布を認める合意が10日に失効し、カレフール、ポン・デ・アスーカル、エストラなどの大手小売店も13日からは課金しはじめたと13、14日付エス […]
  • セアザ移転に新たな一歩=聖市市長と農務相が合意書2015年6月27日 セアザ移転に新たな一歩=聖市市長と農務相が合意書  ハダジ聖市市長とカチア・アブレウ農務相が23日、聖州食糧保管センター公社(Ceagesp)の移転に関する合意書に署名したと23日付G1サイトやUOLサイトなどが報じた。 同公社は「セアザ」の名でも知られ、聖市西部のヴィラ・レオポウジーナに位置しているが、このセアザを聖市を […]
  • 違法コピー商品街に溢れ=警備の軟化で露天商増大2015年4月9日 違法コピー商品街に溢れ=警備の軟化で露天商増大  聖市では無許可で違法コピー商品を売る露天商が再び増えていると8日付のフォーリャ紙が報じている。自撮り棒からパラグアイ産タバコまで、市内各地で露天商は悠々と商売に励んでいる。 これは、ジルベルト・カサビ市長(06~13年、民主党・DEM、現在は民主社会党・PSD)の時始まり […]