ホーム | 日系社会ニュース | 恒例の宗旦忌茶会に100人=30人弱に許状引継ぎ

恒例の宗旦忌茶会に100人=30人弱に許状引継ぎ

茶会の様子(提供写真)

茶会の様子(提供写真)

 茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)主催で毎年恒例の『宗旦忌茶会』が、先月25日、文協ビル4階の伯栄庵道場で行われ、およそ100人が参加した。
 ジャンジーラ地区で活躍した故三原武氏に黙祷を捧げた後、武田宗清さん、淺川宗夏さんらが供茶を捧げた。その後、林代表により許状引継ぎが行われ、今年は30人弱に手渡したほか、カルメン・ルシーさんに茶名が授与された。
 茶会では、八畳席で七事式の香付花月、貴人清次濃茶付花月、且座、貴人清次薄茶付花月、雪月花が行われた。
 本席の濃茶席では富貴棚で濃茶が振舞われ、副席の薄茶席では吉野棚にアスティカ文明柄のメキシコ水指で、会員手作りの可愛らしい栗の茶巾絞りが振舞われた。
 点心席では、秋をテーマとして、栗ご飯、焼き魚、刺身、煮物、酢の物の御前が振舞われ、上品な和食に舌鼓を打った。参加者らは来年の再会を期して、散会となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 天皇誕生日を祝う=首都の日本大使公邸2007年12月11日 天皇誕生日を祝う=首都の日本大使公邸 ニッケイ新聞 2007年12月11日付け  【ブラジリア支局】天皇誕生日祝賀会が、四日、当地の日本大使館公邸で催された。天皇、皇后のお写真が祝賀会場に飾られ、参会者たちは島内憲全権大使、新井辰夫公使夫妻に迎えられた。 […]
  • サンパウロ市南部=アパート購入も入居できず=建設会社による詐欺が発覚2014年9月5日 サンパウロ市南部=アパート購入も入居できず=建設会社による詐欺が発覚  サンパウロ市南部ヴィラ・ダ・パス地区の共同住宅で建設会社による詐欺が発覚し、購入したアパートが一向に引き渡されないことに業を煮やした人々が8月28日から建物に強行侵入して部屋に住み始めたと4日付アゴラ紙、G1サイトが報じた。 共同住宅は2棟あり、1戸あたり評価額15万レ、 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領=国連に対しても軍政被害者揶揄=元チリ大統領の父親を侮辱=独裁者ピノチェトを礼賛=注目される総会での演説前に2019年9月5日 《ブラジル》ボウソナロ大統領=国連に対しても軍政被害者揶揄=元チリ大統領の父親を侮辱=独裁者ピノチェトを礼賛=注目される総会での演説前に  ボウソナロ大統領は4日、元チリ大統領で国連人権高等弁務官のミチェル・バチェレ氏の父親を侮辱する発言を行った上で、同国の独裁者アウグスト・ピノチェト元大統領を称えた。ボウソナロ大統領は7月にも、ブラジル弁護士会(OAB)会長のフェリペ・サンタクルス氏の父親が軍政時代に行 […]
  • 《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと2019年2月26日 《ブラジル》名門医大生、新入生いびりでの死亡事件から20年=遺族の心に今も残る爪あと  1999年2月、サンパウロ総合大学(USP)の医大生が、新入生歓迎のいたずら(トロッチ)で急死し、全国的な社会問題になったが、具体的な解決は見ぬまま、23日に20周年を迎えた。23日付エスタード紙が報じている。  USP医学部に合格したエジソン・ツン・チ・スーエーさん(当時 […]
  • オーリャ!2014年5月14日 オーリャ!  日本語教師と話していて、「当地では何事もきちんと計画がたてられるが、その計画通りに進むことはまずない」との苦労話を聞いた。 日系校でも年始に立てられた行事予定が、途中で変更されるのはよくあることだとか。よく言えば臨機応変だが、別の表現をすれば、「計画通りに運営や進行ができ […]