ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》恐竜アルダティアンの化石を初確認=白亜紀後期、全長22mの草食系

《ブラジル》恐竜アルダティアンの化石を初確認=白亜紀後期、全長22mの草食系

恐竜の化石発見を報じるモンテ・アウト市サイト広報

 サンパウロ総合大学(USP)の考古学チームが、8500万年前にサンパウロ州内陸部に生息したと見られる恐竜に、これまでブラジルで生息していたとは想定されていなかった新たな草食系の恐竜が存在していた可能性があるとの研究結果を発表した。4日付現地サイトが報じている。
 このことは、USPとサンパウロ州モンテ・アルト市の古生物学博物館が共同で行った研究で明らかになった。
 今回の研究対象となったのは、1997年にサンパウロ州カンジード・ロドリゲス市で発見された恐竜の骨だ。この化石は従来は別の種の恐竜のものだと思われていたが、研究チームによると、この骨は「アルダティタン」のものだという。

 アルダティタンは草食系のティタノサウルスの一種で、首と尾が長く、パンゲア大陸が分離する前の白亜紀後期(約8500万年前)に存在したとされる。今回鑑定された化石の主は、全長約22メートルだったと見られている。
 調査団長のジュリアン・ジュニオル博士によると、サンパウロ州でアルダティタンの存在が確認されたのは初めてだが、「モンテ・アルトは化石の宝庫だから、今回の恐竜の仲間の化石も見つかるかもしれない」と語っている。
 同博士によると、アルダティタンはアルゼンチンに生息したとされるティタノサウルス系のアエオロサウルスと同属だと考えられていたが、今回の研究により、明確に違うものであることが分かったという。

★2017年11月14日《ブラジル》サンパウロ州内陸部は恐竜の宝庫=水陸両生獣や巨大な首長竜も

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 《記者コラム》CPIで追い詰められて過激化するボルソナロ2021年5月11日 《記者コラム》CPIで追い詰められて過激化するボルソナロ  「ああ、神よ。私がこの大統領令を下さなくても済むように祈ります。もし下したら、全大臣の総力をもって実行され、司法から差し止められることはない」――5月5日、プラナルト宮でボルソナロ大統領はそう思わせぶりに演説した。  分かりやすく言えば、非常事態宣言の中でも一番 […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • アマゾン森林農法を紹介=会議所の異業種交流会で=100人が熱心に耳傾ける2021年5月5日 アマゾン森林農法を紹介=会議所の異業種交流会で=100人が熱心に耳傾ける  ブラジル日本商工会議所主催、パラー日系商工会議所協賛のウェブ講演会「日系人コミュニティが貢献するアマゾンのSDGs~アグロフォレストリー(森林農法)~」が、4月28日(水)午前10時から、トメアスー総合農業協同組合(CAMTA)代表の乙幡アルベルト氏を講師に招いて実施 […]