ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6月といえばブラジルは全国的に収穫祭「フェスタ・ジュニーナ」の季節だ。昨年はコロナ禍が発生してすぐの状態だったため、中止になるケースがほとんどだった。でも今年は、規制を守りながら行うところや、ネットをつないでヴァーチャルで開催する学校や教会が目立っているという。そうした工夫の中で行われるが故か、衣装や出し物などの企画に工夫を凝らして楽しんでいる姿も報道され始めている。また、フェスタ・ジュニーナといえば、ピーナッツを使ったお菓子やトウモロコシやサツマイモなどを使った食べ物、ワインを使った飲み物なども有名で、料理で勝負のところもあるようだ。不便なら不便なりに楽しむところは、子供にも人気の祭らしいところか。
     ◎
 10日の最高裁の裁判の結果、サッカーのコパ・アメリカのブラジル開催が決定的になったが、その裏で別の動きも起きている。フラメンゴはスポーツ裁判所に対し、コパ・アメリカ開催期間中の全国選手権の開催をとりやめるよう訴えを起こしている。通常、コパ・アメリカの開催中、他の選手権は止めるものだが、今年は変則スケジュールで例外的に全国選手権の休みがない。フラメンゴは得点源のガビゴルがセレソン入りしているため、戦力ダウンを恐れている。
     ◎
 セレソンの選手たち、国民に強い反発が生じたコパ・アメリカだが、13日から予定通り試合開始となりそうだ。恐れられているコロナ第3波は、開催直前ではそこまで大きな死者、感染者の増加をみていないが、気をつけなければならない。それこそ、ワクチンの接種を終えた人であっても、マスクを外さない、密を作らないといった心構えが必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】東京五輪=メダル期待されるブラジル人選手たち=リオ五輪を超えることはできるか?=新種目スケートボード、サーフィンも2021年6月22日 【日本移民の日2021年】東京五輪=メダル期待されるブラジル人選手たち=リオ五輪を超えることはできるか?=新種目スケートボード、サーフィンも  いよいよ7月23日から、1年遅れで東京五輪が開催される予定だ。コロナが絡んでいるため、状況次第ではまだどうなるかはわからないが、前回がリオ大会ということもあり、日本とブラジルを結びつける貴重な機会ではある。今回は、この東京五輪において健闘が期待されるブラジル勢を見ていくことに […]