ホーム | 日系社会ニュース | 日伯友好病院=職員食堂の収容人数が倍増=手術室、CTスキャンも披露

日伯友好病院=職員食堂の収容人数が倍増=手術室、CTスキャンも披露

お披露目会の様子

お披露目会の様子

 サンパウロ日伯福祉援護協会(与儀昭雄会長)傘下の日伯友好病院(天内ワルテル院長)は3日、新職員食堂、改装された手術室、新たに導入されたCTスキャンのお披露目会を催した。病院職員の案内により、招待客らは院内を視察した。
 これまで職員食堂は院内にあったが、手狭になっていた。そのため、病院周辺の土地を購入し、職員食堂を新設した。これにより収容人数は76人から136人に倍増。一日あたり、1200人の職員が利用するという。
 また、半年間に及ぶ設備改装を終えて、9つの手術室は8月からフル稼働を開始。新たにCTスキャンが一台導入された。これは従来のものより、放射線量が70%削減。体重300キロの患者まで対応できるという最新式の日本製機器だ。
 視察後、新職員食堂で式典が行われ、同病院創立30周年の軌跡を振返るビデオ映像が流された。
 与儀会長は「まだ若い病院ではあるが、皆様の多大なるご理解とご支援を頂き、大きく成長してきた」と話し、「我々には更なる成長計画もある。ブラジルは危機的な局面にあるが、さらに献身的に働くことで、これを乗越えることができると確信している」と話した。
 その後、天内院長が、病院の現状と今後の成長計画について説明。既に建設計画の許可が下りている第4病棟建設は翌年にも着工開始する見通しで、3年がかりで完成を見込む。これにより現在の240病床から、さらに拡大して310病床となる見通しだ。
 最後に野口泰在聖総領事が祝辞を寄せ、さらなる病院の発展を祝して乾杯となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄2021年2月27日 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄  ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州の州道40号線で24日、犬のお手柄でトラックの車体に隠された大麻1・3トンが押収されるという事件があった。  連邦警察と軍警が共同で行っていた車両検査で引っ掛かったのは、40歳の男性が運転していたトラックだ。最初の検査では […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も2021年2月27日 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田清七会長)は1月28日9時半にリベルダーデ区の本部5階で「一月定例会議」を開催し、3月から会員にも「価格表1」を適用することを決め、リベルダーデ医療センターでの対応に限って診察料や検査代を半額程度で対応することになった。検査によって料 […]