ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで

《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで

博物館開設を報じたG1サイトの記事の一部(上空から見た自然博物館)

博物館開設を報じたG1サイトの記事の一部(上空から見た自然博物館)

 ブラジル北東部のピアウイ州南部、コロネル・ジョゼ・ジアス市で18日、先史時代以降の同地域の発展などについて知る事が出来る、自然博物館がオープンした。
 セーラ・ダ・カピヴァラ国立公園内に出来た博物館は、1万年前に同地域に生えていた植物やその当時生息していた大型動物の化石、先史時代の人類の生活の様子を伝える壁画などを通し、現在に至るまでの歴史を紐解き、示してくれる。
 考古学者のニエデ・ギドン氏によれば、大西洋岸森林地帯や法定アマゾンに生えている植物や、大型のナマケモノ、大型のアリクイなど、1万年前の生態系を示す展示物と共に、気候変化で干ばつが起き、カアチンガと呼ばれる、サバンナ風の気候に取って代わられた事などを示す品や資料も展示するという。
 同博物館は国立公園内にあるが、生態保護を定められた区域からは外れている。同国立公園は、カント・ド・ブリチ、コロネル・ジョゼ・ジアス、サンジョアン・ド・ピアウイ、サンライムンド・ノナトの4市に属している。
 セーラ・ダ・カピヴァラ国立公園は、1991年にユネスコの世界遺産に指定された。

博物館開設を報じたG1サイトの記事の一部(セーラ・ダ・カピヴァラ国立公園内に残されている壁画)

博物館開設を報じたG1サイトの記事の一部(セーラ・ダ・カピヴァラ国立公園内に残されている壁画)

 新しい博物館はらせん状に作られており、12の部屋を歩む事で、氷河期から始まり、大型動物が闊歩していた頃や、気候変動が起きて植生が変わってきた頃など、地域の変遷を具体的に知る事が出来る。
 自然博物館の総工費は1400万レアルで、2017年6月から1年半をかけて完成した。
 一般公開は19日からで、開館時間は午後1時から7時まで。火曜日は休館となる。入場料は30レアルだが、学生などは半額の15レアルで入場できる。(18日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》23日に第23回ゲイパレード=街頭宣伝車19台が繰り出す2019年6月22日 《サンパウロ市》23日に第23回ゲイパレード=街頭宣伝車19台が繰り出す  サンパウロ市で23日、第23回LGBTプライド・パレードが開催される。  サンパウロ市でのゲイパレードは、1997年から毎年行われており、2006年のイベントはギネス世界記録で、世界最大規模のプライド・パレードに認定された。  パレードを主催しているのは、レズ(L […]
  • 下議の夫が30発浴び死亡=実子と養子に殺害の容疑2019年6月19日 下議の夫が30発浴び死亡=実子と養子に殺害の容疑  リオ市警が18日、16日未明にニテロイ市で起きたアンデルソン・ド・カルモ・デ・ソウザ氏殺害事件に関連し、ソウザ氏の実子のフラヴィオ・ドス・サントス・ロドリゲス容疑者(38)と養子のルーカス・ドス・サントス容疑者(18)の携帯電話の情報へのアクセス許可を要請した。   […]
  • リオ州=マリカ市でジャーナリスト殺害=1カ月の間に2人目の犠牲者2019年6月20日 リオ州=マリカ市でジャーナリスト殺害=1カ月の間に2人目の犠牲者  リオ市近郊のマリカ市アラサチバ区で18日夜、地元のニュース・サイト、レイ・セッカ・マリカ(LSM)の創始者でジャーナリストのロマリオ・ダ・シウヴァ・バロス氏(31)が射殺される事件が起きた。  目撃証言によると、襲撃当時、バロス氏は車の中にいたが、銃弾3発を浴びて死 […]
  • 《ブラジル》フラメンゴ育成施設火災事件=前会長ら8人に殺人容疑適用=「過失致死ではない」と市警2019年6月13日 《ブラジル》フラメンゴ育成施設火災事件=前会長ら8人に殺人容疑適用=「過失致死ではない」と市警  リオの名門サッカーチーム、フラメンゴの前会長エドゥアルド・バンデイラ・デ・メッロ氏を含む8人が殺人容疑で告発されたと、11、12日付現地各紙・サイトが報じた。  同件は、今年2月8日に、リオ市西部のフラメンゴ練習場敷地内の育成チーム選手用宿舎で火災が発生し、少年ら1 […]
  • 《サンパウロ州》サソリ殺しに使用制限付農薬=州内陸部では普通に買える?2019年6月13日 《サンパウロ州》サソリ殺しに使用制限付農薬=州内陸部では普通に買える?  サソリの被害が集中しているサンパウロ州内陸部で、使用制限が設けられている強力な農薬が、サソリを殺すための薬として、普通に売買されているという。  問題の農薬は、ノミ、ゴキブリ、アリ、シロアリなどの害虫駆除に用いる、フィプロニルという成分を含む製品だ。  フィプロニ […]