ホーム | 日系社会ニュース | 国際将棋フェスティバル=ブラジル勢、2回戦で敗退

国際将棋フェスティバル=ブラジル勢、2回戦で敗退

 日本将棋連盟主催「国際将棋フェスティバル2021」のオンライン決勝トーナメントが10月15~17日に行われ、台湾代表の張京鼎さん(ちょうきょうてい、16)が優勝を果たした。
 ブラジル代表の浜公志郎さんは初戦、ニコラス・ジュン・カマダ・デ・トレドさんは2回戦で敗退した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 松原を大統領に紹介したというアルキメデス(国立国会図書館サイトより許可を得て転載)2014年7月30日 大統領と日本移民の友情=松原家に伝わる安太郎伝=(3)=マリリア市創設期の二人=ヴァルガス「ぜひ会いたい」  マリリアの町自体は1926年12月にピラジュイ司法区カフェランジア郡所属「マリリア管区」となり、翌27年4月1日に市制を敷いた。戦前移民・小針一(こばりはじめ)の手記「マリリア市の興りと邦人初期の移住者の動向」には《マリリア最初のホテルはルイス・ブリト・マニャ […]
  • 週末、全伯幼少年剣道=17支部、112選手参加2008年2月5日 週末、全伯幼少年剣道=17支部、112選手参加 ニッケイ新聞 2008年2月5日付け  ブラジル剣道連盟は、九日、十日、文協体育館で第二十六回全伯幼少年剣道大会を開催する。 […]
  • 東西南北2019年2月14日 東西南北  2月に入ってから、サンパウロ市地下鉄・CPTMやバスで使用されるビレッテ・ウニコ(BU)を新規登録するために、各営業所で長蛇の列ができているという。それは2月から個人情報未登録のBUの使用が、犯罪防止のため「必ず1回につき43レアル以上課金すること」ができなくなったため。多く […]
  • 《ブラジル》「伐採しなくても増産は可能」テレーザ農相が国際会議で2020年6月24日 《ブラジル》「伐採しなくても増産は可能」テレーザ農相が国際会議で  テレーザ・クリスチーナ農相は23日、「森林伐採しなくても食糧増産は可能」と発言。増産のための森林伐採を推奨するボルソナロ大統領とは異なる見解を表明した。同日付現地サイトが報じている。  クリスチーナ農相は23日、地球温暖化抑制を目指す気候関連団体のクリメート・ボンド・イニシ […]
  • 宇宙開発から原子力潜水艦まで=海軍中枢になう日系将校が講演=日系初将官の和田、コガ両氏2018年7月5日 宇宙開発から原子力潜水艦まで=海軍中枢になう日系将校が講演=日系初将官の和田、コガ両氏  ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)とわんわん会(同会長)の共催で、講演会「伯海軍の今」が先月29日、同センター講堂で催された。ブラジル海軍で初の日系人将官となった和田典明少将、コガ・ミズタニ・セウソ少将の2氏が招聘され、最新の軍動向を紹介する貴重な機会となった。 […]