ホーム | ブラジル国内ニュース | コパ・アメリカ=セレソンが開幕戦飾る=ネイマール不在だが3得点

コパ・アメリカ=セレソンが開幕戦飾る=ネイマール不在だが3得点

 地元開催のサッカーのコパ・アメリカが14日に開幕した。サンパウロ市モルンビ・スタジアムの開幕戦でブラジル代表(セレソン)はボリビアに3―0と快勝し、白星で初戦を飾った。15日付け現地紙が報じている。
 ボルソナロ大統領も観客席で応援した。セレソンは、負傷欠場したエースのネイマールに代わり、21歳の若手ダヴィド・ネレスを左ウイングに据えて試合に臨んだ。
 前半、セレソンは一方的にボールを支配するが、相手の好守で決定機を作れなかった。両チーム無得点のまま終わったため、終了の際に客席からブーイングが起きた。
 後半5分、セレソンは相手ディフェンダーのペナルティ・エリア内でのハンドで得たチャンスを、エースの役目を期待されているコウチーニョがPKを無難に決め、先取点を奪った。
 これで波に乗ったセレソンは3分後、ドリブルで相手ゴール近くまで上がっていたフィルミーノからのクロスを、コウチーニョがジャンプしてヘディングで押し込んで2点目を決めた。
 さらに後半40分、ネレスに代わって途中出場の、数少ない国内召集組のエーヴェルトンが、左から中央にドリブルで切り込んで豪快なミドル・シュートで3点目を決めた。
 セレソンは守ってもボール占有率74%、相手の枠内へのシュートをわずか1本に抑えるなど磐石の守備で3―0で快勝。16日現在でグループ・リーグAの首位だ。
 セレソンの第2戦は本日18日午後9時半、バイア州サルバドールのフォンテ・ノヴァ・スタジアムでベネズエラ戦となる。ベネズエラは初戦をペルーと0―0で引き分けている。
 また日本の所属するグループCでは、エクアドルがウルグアイに0―4で大敗し、日本の決勝トーナメントに有利な状況も出ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ新聞=63回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄誉=元ブラジル代表サッカー選手も=サンパウロ市議会で9日に授賞式2019年8月10日 ニッケイ新聞=63回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄誉=元ブラジル代表サッカー選手も=サンパウロ市議会で9日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第63回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が9日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われる。戦後、勝ち負け抗争で荒れた日系社会の世相を、日系スポーツ界振興を通して親和を図ることを目的に始まったのが、日系社会最古のこのスポーツ賞だ。今回はコロニア、ブ […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • W杯南米予選=セレソンがペルーに快勝=Dコスタが獅子奮迅の活躍2015年11月19日 W杯南米予選=セレソンがペルーに快勝=Dコスタが獅子奮迅の活躍  サッカーのW杯南米予選第4節が17日夜、開催され、ブラジル代表(セレソン)はバイア州サルバドールでの対ペルー戦を3―0の快勝で飾り、3位に浮上した。18日付伯字紙が報じている。 この日のセレソンは13日の対アルゼンチン戦と先発を入れ替え、フォワードにダグラス・コスタ、ミッドフ […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]