ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》今年最後の送電線の入札=16区全てを約半額で落札

《ブラジル》今年最後の送電線の入札=16区全てを約半額で落札

今年最後の入札の対象となった送電線事業(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)

今年最後の入札の対象となった送電線事業(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)

 今年最後となる電気事業関連の入札が20日に行われ、13州での送電線設置(総計7152キロ)と変電所建設事業、全16区が全て落札と21日付現地紙が報じた。
 今回の入札は競争率が高く、各区とも最少でも3社、最多では12社が争った。また、それを反映してか、落札額は、政府が設けた還元収入の上限を平均で46%(最小で38・51%、最大だと58・19%)下回った。割引率が高いほど、消費者が払う電気代は安くなる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ