ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「税制改革も急ぎの課題」と国税庁特別局長=複雑な連邦税の一元化を狙う

《ブラジル》「税制改革も急ぎの課題」と国税庁特別局長=複雑な連邦税の一元化を狙う

マルコス・シントラ特別局長(Helvio Romero)

マルコス・シントラ特別局長(Helvio Romero)

 社会保障制度改革を本命として推進しているボウソナロ政権は、国家財政再建のためのもう一つの重要な政策として、税制改革に取り組んでいる。11日付現地紙が、国税庁のマルコス・シントラ特別局長に行った税制改革関連インタビューを掲載した。
 シントラ氏は、「2020年までに、今の複雑な税制度をより効率的、合理的なものにしたい」と語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ