ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》11月の正規雇用が5万8700人分増加=今年は50万人増となる見通し

《ブラジル》11月の正規雇用が5万8700人分増加=今年は50万人増となる見通し

 ブラジル労働省は20日、11月度の全就労・失業者台帳(Caged)のデータを発表した。それによると11月は正規雇用が5万8700人分と、11月としては2010年以来、8年ぶりの増加を記録したと20、21日付現地各紙・サイトが報じた。「5万8700人分の正規雇用増加」とは、正確には新規の正規雇用者数と、解雇者数を差し引きした結果だ。
 11月の結果により、増加分の差こそあれ、11カ月連続での正規雇用増となった。雇用市場の改善は徐々に進んでいることを示している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ