ホーム | Free | 年末恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布

年末恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布

(左から)来社した秋村さん、池崎会長

(左から)来社した秋村さん、池崎会長

 「紅白餅をもらうために、朝6時から並んで待っている人がいる。本当にありがたいことですよ」――『第48回餅つき祭り』を主催するリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長は目を細める。文協、県連、援協、アリアンサとの共催。
 紅白餅の入った2万袋は午前8時から、リベルダーデ日本広場で無料配布され、例年ジョン・メンデス広場まで列が延びるという。
 31日午前9時半から始まる開会式では、南米神宮の逢坂和男宮司による神道式の儀式が行われ、龍踊りや和太鼓も披露される。10時半からは役員や来賓による餅つき。同時に午後1時までお雑煮3千杯が同広場の記念碑前付近で配られる。また、東洋祭りで好評を博したミニ門松も販売される。
 来社した秋村寿治(ひさじ)さんは、「年末の恒例行事、ぜひ皆さんお出かけ下さい」と呼びかけている。問い合わせはACAL(11・3208・5090/3399・3000)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 ACALの池崎博文会長は、「紅白餅を配り始めた最初のころは、商店主から『私たちは売っているのに、どうしてタダで配るんだ』と苦情が来たんだ。それで『普及させるためには、まずタダで配ったほうがいい』と説得した。今じゃ、かつての何十倍も餅が売れるようになったでしょ」と笑う。一般ブラジル人がMOTI欲しさに何千人も列に並ぶ光景は圧巻。まさに、たゆまぬ日本文化普及の努力がなせる技か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第50回東洋祭り、今週末に=門松の110個限定販売も2018年11月28日 第50回東洋祭り、今週末に=門松の110個限定販売も  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する「第50回東洋祭り」(秋村寿治(ひさじ)実行委員長)が次の週末1、2日にリベルダーデ日本広場で開催される。日本舞踊や盆踊り、和太鼓などが盛りだくさんの二日間となる。  なお、当日は日本移民110周年を記念し […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日の聖市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに参加し、 […]
  • 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」2018年12月12日 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」  聖市の夏の風物詩として知られる「第50回東洋祭り」が今月1、2日に、リベルダーデ日本広場を中心に開催された。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催。  1日午後2時、ガルボン・ブエノ街の大鳥居の下で、南米神宮の逢坂和男宮司により祭祀が執り行われた。日 […]
  • らーめん和=移転新装祝いに140人=「お客様第一の愛される店に」2018年11月28日 らーめん和=移転新装祝いに140人=「お客様第一の愛される店に」  【既報関連】ヤマト商事(高木和博社長)が経営する味噌ラーメン専門店「らーめん和」1号店の移転新装オープン・セレモニーが、24日夜、真向かいに位置する同系列店のエスパッソ和で催された。  トマス・ゴンザガ街51番にある現店舗は87番に移転する。これは客の待ち時間解消を […]