ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発言を行っている。テメル政権下の財相として国の財政建て直しの舵を取ったメイレレス氏だけに、その発言があたり、州経済が活性化して雇用が増えると信用したいところ。今年の大統領選ではその実績を引っさげても1%の支持率しか獲得できなかった同氏だが、実績は抜群。州財政への貢献を期待したい。
     ◎
 クリスマスはブラジルでは囚人の一時釈放が認められる時期の一つだ。2002年に両親を計画殺害し、当時、社会的な話題を呼んだスザーネ・フォン・リフトフェン氏も、サンパウロ州トレメンベーの刑務所から釈放許可が出て、22日にタウバテーで行われた知人の結婚式に参列した姿がマスコミにとらえられている。もう既に刑務所には戻っているが、39年の刑を受けた彼女は、模範囚ということで減刑され、現在は昼間の外出が認められ、年5回、一時出所できる身だ。
     ◎
 クリスマスも終わり、正月を迎える時期だが、26日付アゴラ紙によると、例年、年末のこの時期は、犬や猫などの動物が野良状態になる率が通常より15%も上昇するという。諸般の事情から家庭での飼育を続けるのが難しくなっての処分かもしれないが、家庭内の愛が高まる時期にこれは悲しい行為。動物の虐待や、動物を捨てるのは犯罪行為でもある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定2020年9月25日 《ブラジル》マナウスで集団免疫が出来た?=献血者の血液分析から推定  ブラジル北部アマゾナス州マナウス市で行われた調査で、同市では既に新型コロナウイルスに対する集団免疫が出来ている可能性がある事を示唆する結果が出た。  注目の調査結果は21日にオンライン上で発表されたが、専門家などによる検証を受ける必要があり、科学雑誌にはまだ掲載され […]
  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(12)2020年9月25日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(12)  もう一つの新聞は伯剌西爾時報で、これは海外興業の出資でまかなわれ、黒石清作社長は同社より移民の教育係の名を頂戴(中略)両紙とも移植民新聞ではなく、移植民支配階級の対移民御要達(編註ママ、「用達」のこと)告示であり、移民蔑視の臭気がただよった紙面であった。都会から来たも […]
  • 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ2020年9月24日 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ  サンパウロ市の地下鉄と都電(CPTM)の利用客が増え、8月は4月のほぼ倍になった。サンパウロ市と近郊の住民で鉄道輸送を利用した人は、4600万人から9千万人に増えた。  4月は新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための外出自粛が継続され、鉄道輸送の利用者も少なかっ […]
  • 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ2020年9月24日 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ  治験最終段階で良い報告が得られていることで、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が、中国製のワクチンを12月にも実用化させたいと考えているという。23日付現地サイトが報じている。  このワクチンは、中国の製薬会社「シノヴァック」が開発中の「コロ […]