ホーム | 日系社会ニュース | 50年ぶりの祖国で〝浦島太郎〟(終 19)=サンパウロ市 広橋勝造=旅立ちの日に見直した祖国

50年ぶりの祖国で〝浦島太郎〟(終 19)=サンパウロ市 広橋勝造=旅立ちの日に見直した祖国

成田国際空港(PhotoNetworkさん、写真ACより)

成田国際空港(PhotoNetworkさん、写真ACより)

 50年ぶりに長期滞在した祖国日本では、様々なカルチャーショックに見舞われた。
 ようやくブラジルへ帰国という折に、馴染みの旅行社に頼んで、中継地のヨーロッパの有名な都市に2、3泊する旅行プランを作ってもらった。経費は300ドル前後増えるだけだ。
 それでパリ、ローマなどなどの観光が出来る。齢のせいで、質素に、ゆっくりと雰囲気を満喫するだけだが、とっても楽しみだ。
 日本―ブラジル間の直行便がなくなったせいで、誰にも(ブラジル側にも日本側にも)気付かれずに、それが出来るようになった。
 成田空港からローマまで全日空で飛び、ローマからサンパウロまではブラジルのラタン航空で飛ぶ。中継地では自動的に荷物はトランスファーしてもらい、必要最低限の軽い装備で旅ができる。
 そんな成田空港のチェックインの時であった。
係員の女性「ヒロハシ様、ブラジルにお住まいなのですか? 何か証明書がおありでしょうか」
俺「あるよ。ブラジル政府発行の外国人登録証書を持っています。これです」と何時も持ち歩くRNEカードを出した。
 係員の女性はしばらくして、少し曇った顔で「もう50年もブラジルに・・・。それで、ですね、これ期限切れになっておりますが・・・」といった。
俺「そうだね。ブラジルはね、老人にすっごく優しくしてくれる国なんだよ」
係員の女性「と? 云いますと?」
俺「こう云う面倒な更新手続きなんかは老人には免除されているんだよ。だから問題じゃないんだ」
女性係員「へ~、ブラジルって老人に優しい国なんですね」
 俺の説明に納得してくれて、中継地での荷物の自動トランスファー手続きも無事に終わった。それから、20分位してから「ヒロハシ様、ヒロハシ様、ゲート受付までお越し下さい」と場内アナウンスがあった。
 俺は驚いてゲート前の受付に行くと、さっきのチェックイン受付の女性がいた。
女性「あのー、ヒロハシ様の席がビジネス・クラスにグレート・アップされました」
 エコノミー・クラスしか乗った事がない俺は信じられず、「えっ、それはどう云う事?で、す、か?」と聞き返した。
女性「ビジネス・クラスでローマまで大丈夫ですよ」と念を押すように優しく言った。
 その女性の優しそうな目が、「日本もブラジルに負けないような、老人に優しい国なんですよ」と伝えていた。
 少なくとも俺には、そう伝わった。俺、二つの良い国に恵まれて幸せだ。(終)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 女優カロリナさん証言に=ネットの写真流出犯罪続く2012年5月9日 女優カロリナさん証言に=ネットの写真流出犯罪続く ニッケイ新聞 2012年5月9日付け  人気女優のカロリナ・ディエクマンさん(33)が恐喝を受けたあげく、コンピューターに収めてあった個人的な写真をネット上で公開されたことを受け、7日に警察で証言を行った。8日付伯字紙が報じている。 […]
  • 五年経過の少額滞納税免除2008年12月5日 五年経過の少額滞納税免除 ニッケイ新聞 2008年12月5日付け  ルーラ大統領は三日、五年以上経過した一万レアル以下の税金滞納を免除する暫定令に署名をした。同令は四日、官報に公布され発効となる。政府は税金の支払方法も、簡易化する考えだ。 […]
  • なつメロ合唱=5日、老ク連で2008年7月2日 なつメロ合唱=5日、老ク連で ニッケイ新聞 2008年7月2日付け […]
  • イラク テロでブラジル人国連代表死亡=標的にされ、執務室爆破2003年8月20日 イラク テロでブラジル人国連代表死亡=標的にされ、執務室爆破 8月20日(水) […]
  • 歌と人生、世代交代2019年2月28日 歌と人生、世代交代  21日付ジョルナル・ニッパク(弊紙ポルトガル語版)に、16~17日に開かれた第25回サンパウロ州選抜カラオケ大会(通称パウリスタン)の記事が掲載された。4頁は弊紙記者の記事で開会式などが中心、12頁は外部からの特別寄稿で、2日目のグランプリなどが中心になっている▼記者やテーマ […]