ホーム | 日系社会ニュース | 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん

「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん

文協を訪問した小山田信さん(右から2人目)

文協を訪問した小山田信さん(右から2人目)

 ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。
 小山田さんは00年に単身渡米し、03年に『ラストサムライ』でデビュー。06年にはディズニー映画『カンフー・プリンセス・ウェンディー・ウー』で日本人初主演を果たした新進気鋭の若手俳優だ。
 その一方で、ハリウッド俳優の知名度を活かし、社会貢献活動にも精を出してきた。
 04年に空手指導のボランティアを皮切りに、08年には次世代育成に主眼を置いた国際交流事業を実施する非営利公益法人「米国コヤマダ国際機構(KIF)」を設立。東日本大震災をきっかけに11年には「日本コヤマダ国際機構」を発足させるなど、日米コロンビアを拠点に活動を展開してきた。
 今回、同法人と小山田さんが理事を務める全米姉妹都市協会(SCI)の両方と提携関係にある国際青年会議所(JCI)傘下の、ブラジル日本青年会議所の招待で初来伯。聖市役所をはじめ、日系主要団体などを訪問した。
 小山田さんは「ロスでは地元日系人と交流があり、世界最大の日系社会のあるサンパウロを以前から知りたかった。日米のみならず、南米との交流活性化に貢献したい」と意欲を語る。KIFとSCIの支援枠組みを通じて、活動を展開したい意向だ。
 「今回はまだ挨拶廻り。何が出来るのかはこれから。まずは空手を通じた日伯交流を考えている」と話す。
 小山田さんは、全日本空手道連盟から空手アンバサダーに任命されており、20年東京五輪に正式種目に認定された空手の世界発信を強めたい意向だ。「言葉が話せなくても、交流できるのが魅力」と話し、日伯親善試合や伯人指導者の本邦研修等を例に挙げた。
 日本にある各国在外公館と連携し、国際交流事業を開催してきた実績を例に、駐日ブラジル大使館と連携した日伯交流事業も開催したい意向だ。「在日ブラジル人が沢山いるが、とりわけ地方では日本社会に溶け込みずらいのでは」と話し、「交流の糸口となる楽しいエンターテイメントを仕掛けていけたら」との方向性を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん2018年9月1日 日本側でも外務大臣表彰=吉川秀隆さん、斎藤俊男さん  平成30(2018)年度の外務大臣表彰では、日本側でもブラジル関係者2人が受賞している。表彰式は7月24日に東京の飯倉公館で行なわれ、河野太郎外務大臣より表彰状と副賞の正絹風呂敷が贈られた。  タカラベルモント株式会社の会長兼社長の吉川秀隆さんの受賞理由は、「日本と […]
  • 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国2017年3月9日 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国  独立行政法人国際協力機構(JICA)は21日、聖市ニッケイパレスホテルで「2015年度派遣現職教員ボランティア帰国報告会」を開催し、3月に帰国予定の6人がポルトガル語で発表を行った。  清水丈嘉さん(ブラジリア学園)は「授業内容がほとんど決まっていた日本とは違い、伯国で […]
  • 支援4トンを熊本被災地へ=サビジャとABCジャパン=片道16時間かけ現地入り2016年5月14日 支援4トンを熊本被災地へ=サビジャとABCジャパン=片道16時間かけ現地入り  「国籍は関係ない。今こそ外国人が手を取り合って行動すべき」。一連の熊本地震に関しNPO「在日ブラジル人を支援する会」(Sabja、東京都目黒区)や「ABCジャパン」(神奈川県横浜市)が、4トンの支援物資を現地まで届けた。運搬した橋本秀吉さん(52、三世)は助け合いの精神を呼び […]
  • 西森下議2014年3月25日 パラナ経済使節団が出発=西森州議、交流さまざま ニッケイ新聞 2014年3月25日 パラナ日伯商工会議所による「第41パラナ日伯友好経済使節団」(西森ルイス団長=連邦下議)27人が20日、当地を出発した。30日まで日本に滞在し、東京や兵庫県等で交流を行う。 東京では麻生太郎副総理や河村健夫衆議、岸信夫外務副大臣と面会し、 […]
  • かたつむりアートを制作中の子どもたちと、完成品を見せるボルゲスさん。2014年3月13日 コシノジュンコ企画=日伯児童がアート交流展=被災者への追悼を込め ニッケイ新聞 2014年3月13日 大竹富江インスティチュートで矢柳剛氏との合同展『Opa! 陽気な黙示録』を開催中のデザイナー、コシノ・ジュンコさんプロデュースによる日伯交流企画「かたつむりアート」が7日、同施設で実施された。 「かたつむりアート」とは、芸術家の矢柳さんが […]