ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ新大統領=就任式でもさっそく物議=「社会主義からの解放」叫ぶ=メディアは国の内外で批判=好評博した夫人の手話

《ブラジル》ボウソナロ新大統領=就任式でもさっそく物議=「社会主義からの解放」叫ぶ=メディアは国の内外で批判=好評博した夫人の手話

手話で挨拶するミシェレ夫人とそれを見守るボウソナロ氏(William Lucas/Inovafoto)

 1日、大統領府でジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の就任式が行われた。メディア関係者を悪待遇し、「ブラジルを社会主義から開放したい」という、大統領就任式らしからぬ就任挨拶を行うなど、選挙キャンペーンさながらの就任式となり、同時に国内外のマスコミからの批判も受けた。2日付現地紙が報じている。

 ネット上で熱心な支持者層を築き上げて当選したボウソナロ氏だけに、大統領府前には、晴れの就任式を見ようとする熱心なファン11万5千人が集まった。その数は、大統領府側が見込んだ25万人には及ばなかったが、それでも、4年前のジウマ氏や、2003年のルーラ氏といった、同氏が敵対視する労働者党(PT)の大統領の就任式にかけつけた人よりは多かった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ