ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マイア下院議長が正式に大統領候補に=早くもアウキミンを牽制=連立与党の代表候補説は否定=すでにPPなどが連立に意欲

《ブラジル》マイア下院議長が正式に大統領候補に=早くもアウキミンを牽制=連立与党の代表候補説は否定=すでにPPなどが連立に意欲

マイア氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

マイア氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 8日、民主党(DEM)党大会が開かれ、ロドリゴ・マイア下院議長が同党公認の大統領候補に指名された。マイア氏は、長らく選挙協力してきた民主社会党(PSDB)から離れ、現テメル政権の代表としてでもなく、独自の立場で大統領選を戦う。8日付現地紙やサイトが報じている。

 8日に行われた党大会で、DEMはマイア氏を正式に大統領選の候補に選んだ。同党が大統領選に候補を出すのは、前身政党の自由前線党(PFL)が1989年に擁立したアウレリアーノ・シャヴェス氏以来で、実に29年ぶりのことだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ