ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》年金生活者が抗議デモ=社会保障制度改革に反対

《サンパウロ市》年金生活者が抗議デモ=社会保障制度改革に反対

パウリスタ大通りでのデモの様子(Força Sindical)

パウリスタ大通りでのデモの様子(Força Sindical)

 サンパウロ市のパウリスタ大通りで1月30日午後、年金生活者らが連邦政府の社会保障制度改革に反対するデモ行進を行なった。1月31日付現地紙が報じている。
 このデモには約2千人の年金生活者が集まり、オズワルド・クルズ広場からサンパウロ美術館(MASP)までの約1・6キロを行進した。
 ユーモアを利かせ、今月上旬に控えたカーニバルにちなんで行なわれた。行進者は8つのグループに分かれ、サンバ音楽に乗りながら、点滴を受けている病人をベッドごと運ぶ人たちや、車椅子に乗った人を後ろから押すなどの演出が行なわれた。
 年金生活者らは、生活費の高さや保険に入ることの難しさなどの問題を叫び、支給額の値上げや所得税の免税、社会保障予算の透明性などを求めながら行進した。
 参加者は孫などを含む若い世代の将来についての心配を口々に語っていた。72歳の男性は「自分の孫は誰も労働手帳に登録していない。これから若者が定年しにくい世の中になる」と語った。60歳の女性は「政府は女性の年金受給開始年齢を62歳からにしようとしているが、そもそも女性が62歳まで働ける環境が整っていない。連邦政府には、年齢ではなく勤続年数で定年を決めてほしい」と訴えた。
 中には23歳でこのデモに参加した若者も。彼は「そのうち80歳になっても定年できない世の中になるのではないかと不安だ」という。
 デモの後、カルロス・マルン大統領府総務室長官は「政府が法案で譲歩する余地はまだある」とのコメントを出した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]
  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]