ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》25チームの大口スポンサーだった国営銀行が撤退=重要な収入源を失い、困惑の各チーム

《ブラジルサッカー》25チームの大口スポンサーだった国営銀行が撤退=重要な収入源を失い、困惑の各チーム

フラメンゴとアトレチコ・パラナエンセ、どちらの胸にもCAIXAの文字が(Flamengo)

フラメンゴとアトレチコ・パラナエンセ、どちらの胸にもCAIXAの文字が(Flamengo)

 昨年のサッカー全国選手権1部、2部あわせて40チーム中、25チームのスポンサーとなっていた、ブラジルの国営銀行CAIXAが、今年はどのチームともスポンサー契約を更新しないと発表。多くのチームは新規スポンサー探しに苦労している。
 CAIXAは、最も広告効果の高い、ユニフォームの胸の部分に社名を入れる契約を25チームと結んでいた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ