ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》選挙高裁が本日、ルーラの出馬を審理か=明日からの政見放送開始前に=報告官はバローゾ判事=粘るか、ハダジに切り替えか

《ブラジル》選挙高裁が本日、ルーラの出馬を審理か=明日からの政見放送開始前に=報告官はバローゾ判事=粘るか、ハダジに切り替えか

バローゾ判事(Fellipe Sampaio /SCO/STF)

バローゾ判事(Fellipe Sampaio /SCO/STF)

 高等選挙裁判所(TSE)は本日8月31日に非定例の特別審理を行う予定だ。ここでは、大統領選に出馬登録を申請しているルーラ元大統領(労働者党・PT)の政見放送を認めるか否かの判断を行うと予想されている。承認されなかった場合、ルーラ氏の弁護人は最高裁に訴える意向だが、早めに副候補のフェルナンド・ハダジ氏に交代するとの説もある。30日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ