ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院がコロナ禍CPIを開設=対象は実質、連邦政府のみ=州や市は援助金の内容査定だけ=大統領には苦しい展開に

《ブラジル》上院がコロナ禍CPIを開設=対象は実質、連邦政府のみ=州や市は援助金の内容査定だけ=大統領には苦しい展開に

13日のパシェコ上院議長(Marcelo Camargo)

 ロドリゴ・パシェコ上院議長(民主党・DEM)が13日、最高裁のルイス・ロベルト・バローゾ判事が8日に行った命令に従い、コロナ禍における連邦政府の対応などに関する議会調査委員会(CPI)を開くことを宣言した。このCPIの対象はほぼ連邦政府のみで、ボルソナロ大統領が是が非でも避けたがっていた形となる。14日付現地紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ