ホーム | 日系社会ニュース | 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン

鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン

高原レストランの外観(提供写真)

高原レストランの外観(提供写真)

 「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, 47)の店主安永マユミさんが8日、来社してそう語った。
 現在、同市にある日本食レストランは3軒と言われており、中でも同地には州立鱒養殖試験場があることから、珍しい日本料理を味わえることで有名だ。

キャビア鱒の鉄火巻き(提供写真)

キャビア鱒の鉄火巻き(提供写真)

 たとえば、イクラのような「キャビア鱒」。ほかに普通の鱒は白身だが、特別に桜色をした刺身も味わえる。「ブラジル風鱒焼」なども。
 同店では豆腐や餃子なども全て手作り。焼きそば、ラーメン、天ぷらなどの定番料理はもちろん、スキヤキや鍋など冬でも楽しめる101種類の豊富なメニューが用意されている。夏場の夜は外でバーデンバーデンの生ビールを楽しむこともできる。
 店主の安永マユミさんは「避暑やクラシックイベントの折にカンポスを訪れた際は、ぜひお寄り下さい」と来店を呼びかけた。問い合わせは同店(12・3663・1914)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 「海軍カレー」は現在、海上自衛隊に引き継がれて、正式には「海上自衛隊カレー」と呼ばれる。海上自衛隊で作られるカレーは、各艦船・各部隊で独自の秘伝レシピを持つ。以前日本のテレビで紹介された内容によれば、国家機密と精密機器だらけの艦船のために調理は大変だそう。「火を使わず、音もたてない」、「香味野菜を4時間煮込む」などの調理方法が紹介されていた。そんな中でも栄養補給、体力の維持増進にも配慮され、現代まで伝わる海軍カレー。ぜひ広島県人会に行って、その雰囲気を味わってみたら。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。聖州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦ながら菊 […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • 〃ブラジルのスイス〃楽しむ=岐阜県人会、日帰りでカンポスへ2016年6月2日 〃ブラジルのスイス〃楽しむ=岐阜県人会、日帰りでカンポスへ  岐阜県人会(青山高夫会長)は先月22日、聖州カンポス・ド・ジョルドンを日帰り旅行で訪れた。約30人が参加し、〃ブラジルのスイス〃として知られる冬の観光名所を楽しんだ。ピーク時は氷点下を記録することもある同地だが、同日は晴天で陽気な気候に。ヴィラーダ・クルトゥラル開催中の聖市か […]
  • 《ブラジル》富山県移住の歴史の象徴=第三アリアンサ入植90周年=母県から副知事ら慶祝団2017年7月20日 《ブラジル》富山県移住の歴史の象徴=第三アリアンサ入植90周年=母県から副知事ら慶祝団  サンパウロ州ミランドポリス市の第三アリアンサ移住地(富山村)は、『入植90周年記念式典』を15日に同会館で開催した。隣接する第一、第二移住地や当地の出身者ら500人以上が慶祝に駆けつけた。アリアンサ移住地は民間主導としてはブラジル初の大規模移住地だった。その第3移住地 […]
  • 小野重善氏2014年4月30日 春の叙勲、5人が受章=本紙に喜びの声寄せる 日本政府による「2014年度春の叙勲」受章者が発表された。今年はサンパウロ、ベレン各総領事館館内から、小野重善、川村真倫子、菅野鉄夫、下本八郎、森口イナシオ忠義の5氏が選ばれた。元汎アマゾニア日伯協会会長の小野重善さん(75、福岡、旭日双光章)=ベレン=は63年から同協会学生理 […]