ホーム | 日系社会ニュース | 5カ国15人集まって研鑽=第33回汎米日本語教師研修会=国境越え、共通の悩み話し合う

5カ国15人集まって研鑽=第33回汎米日本語教師研修会=国境越え、共通の悩み話し合う

記念の集合写真

記念の集合写真

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)主催の「第33回汎米日本語教師研修会」の開講式が14日午後5時、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同センターで開催された。今年は伯国、亜国、ペルー、コロンビア、ドミニカ共和国の5カ国から15人の教師が参加し、26日まで2週間研修を行う。
 式の冒頭、日下野理事長はあいさつで「私のような日本人にとって、皆さんが日本語を一生懸命教えてくれるのはとても嬉しい」と率直な思いを語り、「日本には『継続は力なり』という言葉がある。ずっと教え続けることは大変だが、生徒が力をつけるまで続けてほしい」と期待を寄せた。
 来賓のJICA聖出張所の佐藤洋史次長は「各国で移民が歴史を積み重ねる中で、日系人もその土地に同化している。だが日系人がアイデンティティを保持するために日本語能力は重要」と語り、日本語教師の役割の重要さを強調した。
 また、国際交流基金サンパウロ日本文化センターの洲崎勝所長は「異なる国、地方からこの場に集まった。ぜひどのような活動をしているか、お互いに情報交換し、それぞれの経験を伝えてほしい」と参加者同士や講師から学ぶよう促した。
 続いて教師が自己紹介を行った。コロンビアの光園の森部清志さん(24、二世)は「光園の先生は、ほとんどが非日系人。今回の研修を通して、なるべく吸収したことを先生たちに伝えたい」と意気込みを語った。
 ブラジリアのタグアチンガ日本語学校で1年教師をしている岡本みどりさん(33、三世)は「親から言われて、しぶしぶ習っている子供が大半。学習意欲が低く、長い休みに入ると、それまでに勉強したことを忘れてしまい、知識が定着しない。今回の研修で楽しく身につく教え方を学びたい」と参加動機を話すと、会場から共感の声が上がった。
 同プログラムは25日まで、グループや個人の作業を通して成果を発表し合い、最終日の26日に振り返りを行う。


□関連コラム□大耳小耳

 今年も各国の日本語教師がサンパウロに集まった汎米日本語教師研修会。参加者の中には、ブラジルに来るのが初めてという教師も4人いた。自己紹介を聞いていて印象的だったのは、「ブラジルは美味しいラーメン屋さんがたくさんあると聞いて楽しみ」というもの。他国にもラーメン屋はあれど、「ブラジルの美味しさは有名」だそうだ。先生方には、ぜひブラジルの美味しいラーメンを味わって帰ってほしいところ。でも、肝心の研修会そっちのけで、「日本食研究」とばかりにラーメン店巡りをするのは…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も2019年5月18日 インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も  トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は「インディオツアー」を11日に実施した。駐在員やその家族ら24人が参加し、インジオの儀式を見学、体験して先住民文化に触れた。  普段はマット・グロッソ州のインジオ保護区「シングー国立公園」に暮らすインジオ部族「クイクロ族」が […]