ホーム | ブラジル国内ニュース | 欧州連合=鉄鋼輸入制限の期限を延長=ブラジル鉄鋼業界も影響免れず=輸入制限超過分に25%関税

欧州連合=鉄鋼輸入制限の期限を延長=ブラジル鉄鋼業界も影響免れず=輸入制限超過分に25%関税

米国の輸入制限措置の影響で、EUも鉄鋼輸入の制限を本格化させた(参考画像・Delfim Martins/Planalto)

米国の輸入制限措置の影響で、EUも鉄鋼輸入の制限を本格化させた(参考画像・Delfim Martins/Planalto)

 欧州連合(EU)は16日、昨年7月に出していた暫定的な鉄鋼製品の輸入制限(セーフガード)措置の期限を2年延長すると決定したと16、17日付ブラジル各紙・サイトが報じている。
 昨年7月に出された暫定的な鉄鋼製品のセーフガード措置は、当初は今年2月4日までを期限としていたが、発効半年後に延長となった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ