ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》LJで断罪の両替商の資産競売=土地や家を1290万レで売却

《ブラジル》LJで断罪の両替商の資産競売=土地や家を1290万レで売却

メッセルの資産競売について報じた16日付G1サイトの記事の一部(写真はバーラ・ダ・チジュッカのアパート)

 2014年から始まった大規模な汚職摘発のラヴァ・ジャット作戦(LJ)で断罪された闇の両替商ダリオ・メッセルの資産が競売にかけられ、土地や家、アパートが1290万レアルで売れたと16日付G1サイトなどが報じた。
 16日に競売にかけられたのはアパート6軒と家1軒、土地1カ所で、リオ市コパカバーナ区のアパートなどを除く物件五つが売れた。売れ残った物件は23日に行われる第2陣目の競売にかけ直される。
 競売にかけられた物件は時価総額1170万レアルとされていたが、コパカバーナのアパートなどを除く物件五つが1290万レアルで売れた。
 最も高い値がついたのはバーラ・ダ・チジュッカ区にある4319・14平米の土地で、最低入札額(底値)の115万3602・99レアルに対し、293件の入札があり、420万レアルで落札された。
 2番目に高く売れたのは、リオ市南部にあり、350平米の家屋で、底値の165万9301レアルに対し、152件の入札があり、260万レアルで落札された。
 落札された物件は皆、底値を上回る金額で売れており、競売を担当した業者は、「この手の競売は通常、底値が下がる第2、第3陣まで持ち込まれる事が多いが、今回はほとんどが売れた」と驚いている。

 また、16日の競売にかけられる予定だったのに、裁判所がストップをかけた物件も複数あり、時価評価額などを見直した後、売れ残ったアパートと共に競売にかけられる事になる見込みだ。
 メッセルは「両替商の中の両替商」とも呼ばれていた大物で、52カ国で16億ドルを動かしていたとして、2018年5月のカンビオ・デスリガード作戦の中心容疑者として逮捕令状が出た。
 メッセルは以来、逃亡生活を続け、サンパウロ州内の友人宅に隠れていたが、2019年7月31日にリオ州の連邦警察の手で逮捕された。
 メッセルはその後、リオ州のLJ特捜班が担当した中では最大規模の報奨付供述を行っており、マラカタ作戦で告発された資金洗浄の罪で受けた2020年の裁判で実刑判決を受けた。実刑期間は13年間だが、現在はコロナ禍のため、自宅軟禁になっている。
 同氏の資産は10億レアルとされ、その一部が裁判所の許可を得て競売にかけられた。売れ残り物件は底値を25%下げた上で、23日に再競売にかけられる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 灯楽会「春の煎茶会」=なにわ会館で27日2013年10月18日 灯楽会「春の煎茶会」=なにわ会館で27日 ニッケイ新聞 2013年10月18日  煎茶道静風流ブラジル灯楽会(森由里子会長)が『春の煎茶会』を、27日午後1時半から大阪なにわ会館(Rua Domingos de Moraes, 1581, Vila Mariana)で開く。入場無料。午後4時まで。 […]
  • サンパウロ市=ドリア市長が民営化計画を発表=体育館やスタジアムなどのハコモノから、車のレッカー移動業務や道路の再舗装業務まで2017年3月30日 サンパウロ市=ドリア市長が民営化計画を発表=体育館やスタジアムなどのハコモノから、車のレッカー移動業務や道路の再舗装業務まで  サンパウロ市長に今年から就任した企業家出身のジョアン・ドリア氏は、斬新なアイデアと実行力でサンパウロ市行政に新しい風を吹き込んでいる。  そのドリア市長が公約であった市内の各施設の民営化計画を発表した。計画の対象には、違法駐車のレッカー移動業務、自転車共有システム、道路 […]
  • 大耳小耳2015年12月11日 大耳小耳  山本喜誉司賞を受賞した天谷良吾さんの「天谷茶」。島田梅さんによる紅茶「おばあ茶ん」と共に、10月末に愛知県で行なわれた紅茶フェスティバルに出展した。ところが関係者によれば「思ったよりも規模が小さく、ビジネスにはつながらなかった」そうだ。とはいえ、かつては〃お茶の都〃と呼ばれた […]
  • サントス厚生ホーム=忘年会で海の幸を食べよう!=忘年会を27日に2011年11月4日 サントス厚生ホーム=忘年会で海の幸を食べよう!=忘年会を27日に ニッケイ新聞 2011年11月4日付け  サントス厚生ホーム(遠藤浩経営委員長、前園マルセリーノホーム長)は、27日正午から、同ホーム(Av. Campos Salles, 60, Vila Nova, […]
  • ブラジル国内のベネズエラ人は3万800人=3年前の1千人が30倍に2018年8月30日 ブラジル国内のベネズエラ人は3万800人=3年前の1千人が30倍に  ブラジル地理統計院(IBGE)が29日、7月1日現在でブラジル国内に住んでいるベネズエラ人は3万800人と発表した。この内の1万人は、今年の上半期に入国した人達だという。  この数字は連邦警察がまとめた移民関連のデータを基にして算出されたもので、統計を開始した2015年は、 […]