ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル水運、昨年は好調=トラックストで、乗り換え需要

ブラジル水運、昨年は好調=トラックストで、乗り換え需要

 昨年5月のトラックストの影響で、陸上輸送最低運賃表が作られ、輸送費が高騰したせいで、国内でも水運輸送が増えていると、14日付現地紙が報じた。
 ブラジル沿岸貨物船主協会(Abac)によると、昨年は20フィートコンテナ(長さ約6メートル、幅約2・4メートル、高さ約2・6メートルの国際標準コンテナ)100万基以上が輸送された。これは業界最多記録で、昨年はトラック輸送が100万件以上減ったことを反映した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末29日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]
  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]