ホーム | 日系社会ニュース | 初釜初生け、300人で新春祝す!=裏千家、生け花協会が共催

初釜初生け、300人で新春祝す!=裏千家、生け花協会が共催

記念写真

記念写真

 茶道裏千家ブラジルセンター(林宗一代表)とブラジルいけ花協会(エトソン・トンプソン・デ・リマ・ジュニオール会長)の共催で「新春初釜初生け」が、13日、マクスード・プラザホテルで開催された。ブラジル日本文化福祉協会と国際交流基金の後援。
 昨年は、ブラジル日本移民110周年の幕開けを華々しく飾った新年イベント。今年も、ホテル内の一室に数瓶の生花が優雅に飾りつけられ、抹茶と和菓子で約300人の来場者をもてなした。
 その後、会場を移して昼12時半から開会式が行われた。同センターの林代表は「今日は長年稽古に励んでいる伯人によってお茶が準備された。型を何度も何年も続けることで、古の茶人と同じ心が寛容される」と話した。

茶席の様子

茶席の様子

 今年で創立65周年を迎える同センター。茶道裏千家15代家元千玄室の教えを引用しつつ、「今後、茶道精神がブラジルの文化や気候風土と融合し、どのように発展してゆくのか非常に楽しみ」と期待した。
 同協会のエトソン会長は「昨年は急に過ぎてしまった。今年は19(急)年なので、十倍忙しくなるのでは」と滑稽な日本語で笑いを誘い、「茶道と華道。今日は、多様な日本文化からエネルギーを頂きましょう」と挨拶した。
 呉屋会長は「時が経つのは早いもの。110周年が幸先のよいスタートを切れたのは、昨年の新年会のお蔭」と謝意を述べつつ、「新年がより一層活動の幅が広がるよう前進していきたい」と協力を求めた。
 また、野口泰在聖総領事は「本年は日本においてもブラジルにおいても大きな変化の年」と位置づけ、開催が来年に迫る東京五輪に言及。「世界の中で日本が注目を浴びる年になる。国家行事である五輪を成功に導くため、ブラジルからもご支援を」と呼びかけた。
 その後、鏡割り、乾杯の後、祝宴となった。出席者は食事を楽しみながらくじ引き等で盛り上がり、新年の門出をともに祝した。

image_print

こちらの記事もどうぞ