ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州南部で水質汚染調査=多くの海岸が海水浴に不適

サンパウロ州南部で水質汚染調査=多くの海岸が海水浴に不適

「海水浴に適した水質」と認められた、グアルジャー市のピタンゲイラス海岸(Pedro Rezende)

「海水浴に適した水質」と認められた、グアルジャー市のピタンゲイラス海岸(Pedro Rezende)

 サンパウロ州環境公社(Cetesb)が18~20日に、サンパウロ州ベルチオーガ市からイグアペ市までのサンパウロ州南部沿岸(リトラル・スル・パウリスタ)各市の海岸の水質を調査した。その結果、多くの海岸が海水浴には不適切な程、水質が汚染されている事がわかった。24日付現地紙が報じている。
 市内の海岸全てが不適切だったのは、サントス、モンガグア、ペルイベ市で、サンヴィセンテ市は、市内六つの海岸の内、イーリャ・ポルシャだけが適切だった。
 プライヤ・グランデ市には12の海岸があるが、その内のギリェルミーナだけが海水浴に適していた。
 12の海岸があるグアルジャー市では、イポランガ、ペルナンブッコ、エンセアーダ、ピタンゲイラス、アストゥリアス、トンボ、グアイウーバの合計七つの海岸が適切だった。
 調査を行った海岸の東端、ベルチオーガ市と、西端のイグアペ市、イーリャ・コンプリーダ市の合計3市では、市内全ての海岸の水質が、海水浴に適していた。
 水質調査を行った期間中、この地域には30ミリの雨が降った。強い雨はごみや汚染物質混じりの水を海岸まで運んだりするため、水質調査の結果が悪く出る方に作用した可能性は残る。
 Cetesbはまた、夏の海水浴シーズンで海水浴客が増えた事も、水質低下に繋がった可能性があると指摘している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル中銀》6日、0・75%Pの大幅利下げ=ドル高で一時6レアル目前2020年5月8日 《ブラジル中銀》6日、0・75%Pの大幅利下げ=ドル高で一時6レアル目前  【既報関連】コロナショックが本格化してから初の、中央銀行の通貨政策審議会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は年3・75%から3・00%へと、0・75%ポイント(P)引き下げられた。6日付現地サイトが報じている。  史上最低水準の更新となる7 […]
  • パンアメリカン大会閉幕=ブラジルの金メダル史上最高=東京五輪へ力強い弾み2019年8月13日 パンアメリカン大会閉幕=ブラジルの金メダル史上最高=東京五輪へ力強い弾み  【既報関連】7月26日から11日までペルーのリマで開催された、南北アメリカと中米カリブ海諸国限定参加の〃ミニ五輪〃、パン・アメリカン競技大会で、ブラジル選手団は金55個、銀45個、銅71個と、総計171個のメダルを獲得し、メダル獲得ランキングで米国に次ぐ2位で大会を終 […]
  • 《ブラジル》10代出産の母減少=10年前から24%減2018年11月2日 《ブラジル》10代出産の母減少=10年前から24%減  ブラジル地理統計院が10月31日に発表したところによると、2017年、ブラジル国内で、15~19歳の母親が子供を生んだケースは47万6千件で、2007年の63万件と比較すると、24%減少した事がわかった。  また、2007年に生まれた子供の20%は母親が15~19歳 […]
  • ブラジルでも少子化の動き目立つ=出生率1・7で世界平均下回る2018年10月18日 ブラジルでも少子化の動き目立つ=出生率1・7で世界平均下回る  国連人口基金(UNFPA)は17日、2018年版世界人口白書を発表。それによると2018年、「ブラジル人女性が一生のうちに出産する子供の平均数」(合計特殊出生率・以下「出生率」)は1・7だった事がわかった。  1960年、この数字は6・28だった。58年をかけてブラ […]
  • 東京五輪まで1年未満=ブラジルメディアが自国のメダル候補を紹介2019年8月15日 東京五輪まで1年未満=ブラジルメディアが自国のメダル候補を紹介  来年7月24日開幕の東京五輪まで、1年を切った。先日リマで終了したパンアメリカン大会で、メダル総数、金メダル数でブラジル史上最高記録を更新したブラジルでは、メディアが「東京五輪メダル候補40人」のリストを発表した。ここでは「金メダル候補筆頭」らを中心に紹介する。 […]