ホーム | ブラジル国内ニュース | 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論

《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論

 汚職撲滅に取り組む非政府組織、トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構・本部ベルリン、略称TI)が2018年の腐敗認識指数(CPI)を発表。ブラジルは汚職の少なさ(社会の透明性)が35ポイントと評価され、ランキングが低下。調査180カ国中、105位だった。
 CPIは、社会の透明性、汚職の少なさを100から0の指数で算定、最も汚職が少ないと評価されたデンマークは88ポイントだった。2017年のブラジルの指数は37ポイントで、ランキングは96位だった。
 ここ数年相次ぐ汚職の発覚で、ブラジルの指数は低下、去年に限っても、ルーラ元大統領の汚職有罪判決、テメル前大統領も12月にはサントス港湾事業の口利き疑惑で、大統領職にありながら、3度目の汚職告発を受けた。
 TIブラジル部門の部門長ブルーノ・ブランドン氏は、「18年はテメル政権も議会も反汚職の取り組みが甘く、CPIの数値はその影響を受けた」と語っている。
 TIの発表についてコメントを求められたテメル前大統領は、「TIのような組織が事実を曲げて、誤った情報を流している事は遺憾だ」と広報を通じて回答。トルクアト・ジャルジン前法相も調査結果に反駁し、ブラジル国内の諸機関は着実に反汚職の取り組みを進めていると答えた。
 なお、このランキングの2位はニュージーランド(87ポイント)、3位はフィンランド、4位はシンガポール、5位はスウェーデン、6位はスイス(4カ国は85ポイント)だった。(29日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年4月7日 東西南北  5日夜、ルーラ元大統領への逮捕命令が出たことで、ブラジルは6日にかけて騒然となった。ブラジルが未曾有の好景気に沸いたルーラ政権下に、このような事態を想像した人がいただろうか。労働者党(PT)はルーラ氏の逮捕に関して、「ガンジーを捕まえるようなものだ」とまで言い切り、同氏が大統 […]
  • 《ブラジル》ボルソナロに不動産以外の疑惑噴出=幽霊秘書に15年も給与?=住居手当の不正受給も=本人は報道に堂々と反論2018年1月13日 《ブラジル》ボルソナロに不動産以外の疑惑噴出=幽霊秘書に15年も給与?=住居手当の不正受給も=本人は報道に堂々と反論  【既報関連】世論調査で大統領選の支持率2位のジャイール・ボルソナロ下議に、7日付フォーリャ紙で浮上した住宅疑惑に続き、同氏がリオ州に持つ別荘の近くでアサイーを売る女性を議員秘書として登録し、給与を払っていたという新たな疑惑が浮上した。12日付フォーリャ紙が報じている。 […]
  • 東西南北2017年8月24日 東西南北  2017年はルーラ氏が実刑判決、そしてコーロル氏が被告と、元大統領が共に汚職で過去の履歴を汚す事態が続いている。奇しくもこの2人は1989年、軍政終了で民政復帰がなった後の初めての大統領直接選挙で決選投票を争っている。民主国家としてのブラジルの未来を託したはずの2人が、こうし […]
  • 東西南北2017年7月28日 東西南北  本日付本頁で報じているペトロブラス前総裁のアジミール・ベンジーネ氏の逮捕は、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)では久々の大物逮捕となった。だが、それ以上に驚きなのは、相次ぐ贈収賄工作発覚でペトロブラス(PB)の名声が地に落ちた最中に、再建を託されて起用された人物が汚職に積極的に関与 […]
  • 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦2017年6月2日 《ブラジル》じわじわと追い詰められるラヴァ・ジャット作戦  昨年来、ラヴァ・ジャット作戦の対象に首都の政治家が入るようになり、「激震の発信地」がクリチーバとブラジリアの両方になった。最近特にジャノー連邦検察庁長官が「台風の目」としての存在感を強めてきた。その暴風に抵抗するためにテメルを中心とした「アコルドン」(大同盟)が裏で形 […]