ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》6本の橋に「切迫した崩落の危険性あり」=関連当局の調査で判明

《サンパウロ市》6本の橋に「切迫した崩落の危険性あり」=関連当局の調査で判明

昨年11月に橋が大きくずれた、ピニェイロス環状道路の高架橋(参考画像・Leon Rodrigues/SECOM)

昨年11月に橋が大きくずれた、ピニェイロス環状道路の高架橋(参考画像・Leon Rodrigues/SECOM)

 「切迫した崩落の危険性があり。すぐにでも詳細な検査が必要」――サンパウロ市建設局が行った13本の橋、高架橋の検査で、合計6本の橋と高架橋がそう評価されたと、5日付地元紙が報じた。
 「崩落の危険性あり」と評価を受けたのは、シダーデ・ウニベルシタリア橋、ジダーデ・ジャルジン橋、エウゼビオ・マトーゾ橋(西部)とガゼッタ・ド・イピランガ高架橋、グランデ・サンパウロ高架橋(南部)ゼネラル・オリンポ・ダ・シルベイラ高架橋(セントロ)の6本だ。
 1月29日に行われた、サンパウロ市建築物保全管理委員会の議事録によると、これら6本の橋と高架橋は、「切迫した崩落の危険性があり、精度の高い、専門的な監査が必要」と記されていた。
 シダーデ・ジャルジン橋に関しては、以前にトラックが橋に激突した際のダメージが橋に残っている事が確認された。橋を支える柱からは鉄骨の一部がむき出しになっている様子も確認された。
 シダーデ・ウニベルシタリア橋でも、橋にトラックが激突した事故の損傷が橋の強度に影響していた。橋の一部からコンクリート片が落下している事も発見された。こうした損傷から雨水がしみこみ、橋全体の強度を弱体化させる。
 また、これら6本の橋、高架橋ほどのダメージではないが、「構造的な欠陥あり」と評価されたのは、アルカンタラ・マシャド高架橋、エンジェミェイロ・アルベルト・バドラ高架橋(東部)、パシェコ・シャベス高架橋(南部)、コメン・エリアス・ナギベ・ブレイン高架橋(西部)、パライゾ高架橋、ペドロ・デ・トレド高架橋、ゼネラル・エウクリデス・フィゲイレド高架橋(南部)の7本だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任2020年9月19日 共同通信、特派員が交代=小西さん帰国、中川さん着任  共同通信サンパウロ市局長の小西大輔さん(50、石川県出身)の帰国にあたり、後任の中川千歳さん(42、千葉県出身)と共に来社した。  新支局長の中川さんは2010年から11年はテヘラン支局、14年から17年のロサンゼルス支局を経て、サンパウロ支局は3回目の海外赴任。し […]
  • 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加2020年9月18日 《サンパウロ州》森林火災が昨年同期の倍を超す=保護される動物の数も増加  法定アマゾンやパンタナルでの森林火災ばかりが注目されがちだが、森林火災はサンパウロ州でも増えている。  国立宇宙研究所(Inpe)のデータによると、サンパウロ州では1月から9月15日までに4293件の森林火災が記録された。昨年同期の火災は2020件だから、今年の火災 […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]