ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル ダム事故関連続報》監査技師5人に釈放命令=高等裁「勾留正当性なし」と判断

《ブラジル ダム事故関連続報》監査技師5人に釈放命令=高等裁「勾留正当性なし」と判断

1月29日、ダム監査技師逮捕を伝えるニュースサイト

1月29日、ダム監査技師逮捕を伝えるニュースサイト

 【既報関連】ミナス州ブルマジーニョで決壊したダムの強度監査結果が間違っていたとして、1月29日に逮捕されていた監査技師ら5人の釈放命令が、ブラジリアの連邦高等裁(STJ)第6法廷から5日に出されたと、5、6日付現地紙・サイトが報じた。
 5人の内2人はドイツ系企業TuvSudの技師アンドレ・ジュン・ヤマダ氏、ナンバ・マコト氏で、残る3人はダム所有会社ヴァーレの従業員ロドリゴ・メロ、リカルド・デ・オリベイラ、セーザル・グランシャンピ氏だ。
 5人には殺人罪、環境犯罪、文書偽造の嫌疑がかけられており、30日の期限付きで拘留されていた。今月2日にミナス州地裁に人身保護令適用(=釈放の要請)を出していたが、それが却下されたので、STJに控訴していた。
 STJ第6法廷ネフィ・コルデイロ判事は、「5人が捜査の邪魔をしようとした形跡もなく、今後も捜査妨害をする可能性が認められない」とし、5人の拘留に法的正当性がないと判断した。
 同判事は「ダム監査技師による強度鑑定」は、「弁護士による助言」や、「医師による診察」などと同等の「技術的意見」と定義した。
 その上で、「技術的意見は誤っていたかもしれない。しかし、被疑者が罰せられるためには、その誤った意見が直接被害を引き起こした原因であることが証明される必要がある」と釈放理由を補足した。
 ただし、5人が拘留されているミナス州ベロ・オリオンテ近郊の刑務所は、州当局からの釈放命令を受けておらず、6日昼の時点でも5人の正式な釈放は確認されていない。
 事故発生から13日目の6日も、事故現場では行方不明者の捜索活動は続いており、同日昼の発表では、死者数は150人、その内身元判明は134人で、182人が依然行方不明だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く2019年3月8日 ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く  【既報関連】ベネズエラのマドゥーロ大統領が6日、内政に度々干渉したとの理由で在ベネズエラのドイツ大使を「好ましからざる人物」に指定し、国外追放すると発表したと、6、7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  48時間以内の国外退去を命じられたのはマルティン・クライナー […]
  • 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ2019年3月1日 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ      2月25日、ブラジルのベテラン俳優、ジョゼ・デ・アブレウ(72)が自身のツイッター上で突如、大統領就任宣言を行った。  本人曰く、「これは、1月にベネズエラで大統領宣言を行った「フアン・グアイド議長に触発された」とのこと。グアイド氏の […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷2019年3月1日 リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷  2月27日朝、リオ市北部で2台の電車の衝突事故が起き、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。2月28日付現地紙が報じている。  事故が起きたのは2月27日午前6時30分頃で、リオ市北部を走る路線「スーペルヴィア」のサンクリストヴァン駅に停車していた電車に、デオドーロ方面 […]
  • 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加2019年3月1日 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加  サンパウロ総合大学暴力研究センターやブラジル治安フォーラム(FBSP)などのデータによると、18年は暴力に起因する死者が、統計開始以来最大の前年比13%減を記録したと2月27日付G1サイトが報じた。  統計によると、殺人、強盗殺人、傷害致死事件は、07年の4万462 […]